メディア

スマートウォッチ「Amazfit」の人気3モデルを使ってみて……良かった&気になった点をまとめて紹介! コスパが良いのに実力派ぞろい

» 2022年11月18日 07時30分 公開
[南たな子Fav-Log]
※本記事はアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

 スマートウォッチにはスマートフォンの通知や、電子マネー決済、ヘルスモニタリングなどの便利な機能が搭載されています。身に着けることでより快適な生活になったり、健康を意識できたりすることも。

 種類が豊富で迷ってしまいますが、今回は、コスパが良いと評判の「Amazfit(アマズフィット)」のスマートウォッチを紹介します。

フォト Amazfit GTS 4 Mini(出典:Amazon)/Amazfit Band 7(出典:Amazon

 実際に使用したのは、「Amazfit Band 7」「Amazfit Bip 3」「Amazfit GTS 4 Mini」の3機です。それぞれの特徴やどんな人におすすめなのか紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

南たな子

南たな子

Fav-Log編集部員として雑誌・書籍や生活家電、キッチン用品などを担当。大学卒業後はテクノロジー関連の専門誌の記者や経済系メディアの記者・編集者として働く一方で、私生活では何とか2児の母をやっています。10年以上クラシックバレエをやりながら、チアダンス部に所属するなど踊り続けてきましたが、いまはチアダンスを習う子供の応援が趣味。また読書も趣味で、好きなジャンルはハードボイルド。大沢在昌作品は見逃しません。愛車はホンダ・フリード。

→著者のプロフィールと記事一覧

Amazfitのスマートウォッチについて

 Amazfitは、Zepp Health Corporation(ゼップ ヘルス コーポレーション)が展開しているスマートウェアラブルデバイスのブランド。スマートウォッチ・バンドの他に、完全ワイヤレスイヤフォンやスマートトレッドミル、スマート体組成計、スポーツギアなどを展開しています。

 スマートウォッチはリーズナブルな価格帯でありながらロングバッテリーのモデルが多く、初心者でも使いやすい操作性の高さなどが特徴で、「コスパが良い」との評価が多いです。

フォト Amazfit GTR 4&GTS 4 Series

 パッケージには基本的にウォッチ本体とバンド、専用の充電ケーブル、ユーザーマニュアルが入っています。また自身のスマートフォンに「Zeppアプリ」をインストールすることで、スマートフォン上でウォッチの設定や活動ログの詳しいデータの閲覧・分析などが可能です。

フォト Zeppアプリ

 またAmazfitのスマートウォッチの魅力といえば、健康評価システム「PAI」です。PAIとは、ユーザーのプロフィールや日常生活のさまざまなアクティビティから健康を評価するシステムで、7日間トータルスコアを100以上に維持できれば、生活習慣病のリスクを軽減できることが実証されています(出典:Amazfit)。

 PAIはウォッチ上ですぐに確認でき、Zeppアプリ上ではどんな運動をどれくらい行えば数値を上げることができるのか、具体的な提案をしてくれます。そのため、いま以上に健康を意識した生活を送れるでしょう。

Band 7は運動習慣がある人におすすめ! 7000円台で購入可能

 Amazfit Band 7は9月に発売されたモデルで、販売価格は7980円(税込、以下同)とリーズナブル。それでいて最大18日間(標準的な使用時)のロングバッテリーで、従来モデルのBand 5よりもディスプレイの大型化を実現したスマートウォッチ・スマートバンドです。

フォト Amazfit Band 7(出典:Amazon

 筆者は1週間ほど使用してみましたが、やはりAOD(常時表示)に対応している点や、ヘルスケア周りの計測をすべてオンにして使っても約1週間は持つロングバッテリーが魅力だといえます。さらにスポーツモードが120種類もあるので、さまざまな運動をやってみたい人にぴったりのモデルです。

フォト Amazfit Band 7 PAIの表示画面

 運動検出機能があるのも非常に便利でした。検出可能な運動は「走る」「ウォーキング」「エリプティカルマシン(有酸素運動マシン)」「ローイングマシン」の4つがあるので、毎日ランニングやウォーキングをする人にとっては使いやすいでしょう。

フォト Zeppアプリで睡眠分析も可能

 使用していて気になったのは、LINEの通知には対応していますが、返信には非対応な点です。またAmazfitのスマートウォッチ全体にいえることですが、カレンダーはスマートフォンのカレンダーと同期するので、Googleカレンダーには対応していません。そして、運動中の画面表示が物足りない点も挙げられます。

 運動中のメイン画面には、運動時間とカロリー消費、心拍数、バッテリー残量が表示されています。右にスワイプすると音楽コントロール、左にスワイプすると運動の停止や終了を入力できます。ただ時刻や天気を確認したい場合は、その都度運動を一旦終了しなければなりません。

 しかし、1.47インチの有機ELディスプレイを搭載しているだけあって視認性は高く、音声アシスタントサービス「Alexa(アレクサ)」にも対応しています。この価格帯で十分すぎる機能を搭載しているといえます。

Bip 3は初めてのスマートウォッチに最適! 予算1万円以内ならおすすめのモデル

 7月に発売されたAmazfit Bip 3は、スマートウォッチのエントリーモデルとして必要な機能を備えており、初めてでも使いやすいのが大きな特徴です。公式通販サイトでの販売価格は9900円とお手頃でありながら、1.69インチの大型カラーディスプレイが見やすく、9.65mmと薄いボディが魅力。

フォト Amazfit Bip 3(出典:Amazon

 初めて身に着けたときに感じたのが、「とにかく薄い!」ということ。邪魔に感じることがほとんどなく、軽量で、シリコーンストラップのマットな質感も快適でした。またディスプレイが1.69インチと大型なのも使いやすいポイント。初めてのスマートウォッチだと手こずることもあると思うので、画面が大きいと助かりますね。

フォト Amazfit Bip 3 メイン画面

 また側面に物理ボタンがあるのも便利です。運動中に物理ボタンを長押しすると運動を終了できるなど、使い勝手がさらにアップしているイメージです。

フォト Zeppアプリでルート確認もできる

 Bip 3シリーズにはBip 3の他に、上位モデルの「Amazfit Bip 3 Pro」があります。その大きな違いはGPSを搭載しているか否かです。Bip 3でルート計測する場合は、スマートフォンでZeppアプリを開く必要があります。実際にウォーキングをしてみましたが、しっかりとルートを測定できていました。あまりルート情報にこだわりがなければBip 3で問題ないといえます。

 気になった点は、液晶ディスプレイをどう評価するかということでしょう。昨今のスマートウォッチは有機ELディスプレイを搭載しているものが増えているので、画質の粗さが気になる人はいるかもしれません。とはいえ、カラーで大画面ディスプレイなので、見づらいということはありません。

 また液晶ということでAODには非対応ですし、運動の自動検出機能もありませんでした。通知機能についても、LINEの通知をウォッチで確認できますが、現時点で返信には非対応です。その点が気にならないという人、初めてスマートウォッチを購入するという人には、コスパの良い使いやすいモデルといえます。

GTS 4 Miniは万人受けするモデル! 予算2万円以内で考えている人におすすめ

 8月に発売されたAmazfit GTS 4 Miniは、1.65インチの有機ELディスプレイと、厚さ9.1mmで重さ19gと軽量なボディ、そしてロングバッテリーが魅力のモデルです。販売価格は1万6800円とこの記事内では高価となりますが、その分高機能でデザイン性も優れています。

フォト Amazfit GTS 4 Mini(出典:Amazon

 まずデザインですが、ディスプレイのエッジカットや物理ボタンのAmazfitのロゴなど、細部までこだわっており上品さがあります。またバッテリー容量は270mAhと大容量で、標準的な使用でのバッテリー持続時間は最大15日間と長いのもうれしいポイントです。

フォト Amazfit GTS 4 Mini メイン画面

 さらに5衛星測位システム(GPS、GLONASS、GALILEO、BDS、QZSS)を搭載しているので、高精度のルート計測も可能。もちろんAODにも対応しています。有機ELディスプレイを搭載しているので、ウォッチ上できれいなグラフデータを確認できるのは非常に便利でした。

フォト Amazfit GTS 4 Mini 歩数のグラフデータ

 スポーツモードについても120種類以上と豊富で、7種類の運動の自動検出も可能。またZeppアプリ上のアプリストアから機能を追加できるのもうれしいポイントです。

 気になった点はあまりありませんが、強いて挙げるなら運動メニューの表示とLINEの返信非対応な点です。

 運動メニューが多く、ランニングやウォーキングなどの7種類の運動意外は手動で設定するので少し手間に感じました。Band 7では、よく使用する運動メニューが自動で上位表示されていましたが、GTS 4 Miniではそのような機能はないようでした。ただ、この運動の選択メニューの表示順位も設定で変更可能です。一度設定してしまえば、その後の使用には支障はありませんでした。

 視認性が高く、健康・運動機能が豊富で、物理ボタンなどが使いやすいGTS 4 Mini。これだけの機能が備わって、1万円台というのが驚きのモデルです。

「スマートウォッチ」最新ランキングも要チェック!

最初の3カ月間無料でお試し(1/11まで) 1億曲以上が聴き放題!

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  1. ワークマンの「パッと羽織れるアウター」3選 1着は持っておきたい! おしゃれ&ポケッタブル仕様の軽量ウェア【前編】
  2. 【付録】ファミマで買える「コメダ珈琲店のマグ」が登場 レトロポップなデザインがかわいすぎる
  3. 着心地軽やか!春向けの「ノースフェイスのジャケット」おすすめ3選&ランキング 通気性抜群で涼しい! 虫よけ効果付きのモデルも【2024年4月版】
  4. 今売れている「ミニコンポ・セットコンポ」おすすめ3選&ランキング ハイレゾ音源に対応したセパレート型をピックアップ【2024年4月版】
  5. 「ママチャリの注油、チェーンの音が鳴ってからでいいの?」 自転車ジャーナリストが解説
  6. ワークマンの「これは使える!」と思ったバッグ3選 実際に“ヘビロテ”している優秀バッグを紹介【前編】
  7. 【付録】スヌーピーの「軽くて丈夫な付録リュック」登場 大容量&ベーシックなデザインで毎日使える!
  8. 今売れている「オリエントの腕時計」おすすめ&ランキング 手頃で上質な国産ウォッチ【2024年4月版】
  9. 今売れている「電動自転車」おすすめ3選&ランキング 坂道もスイスイ上れる! カゴやライト標準装備のモデル、持ち運び&収納簡単な折りたたみ式など【2024年4月版】
  10. 「付録がスゴイ雑誌・ムック」5選 “付録サングラス”が話題 調光機能付きのおしゃれアイテムは要チェック【2024年4月版】