メディア

モトローラの2万円台スマホ「moto g32」って、実際どう? 電池持ち・ディスプレイの見やすさをチェック おすすめの使い方とは

» 2023年05月23日 18時00分 公開
[宇野源一Fav-Log]
※本記事はアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

 物価高が深刻化している昨今、スマートフォンも例外ではありません。特にハイエンドモデルは「高額すぎて手が出ない……」という人もいるでしょう。

フォト moto g32を使ってみた

 高スペックでなくても問題ない人や、コスパの良いサブ機を求めている人には、低価格なモデルが選択肢になります。その1つが、3万円以下で購入できるモトローラ(Motorola)の「moto g32」です。moto g32を実際に使ってみたので、感想や注意点、どんな人におすすめかを紹介します。

宇野 源一

宇野 源一

大学卒業後、大手メーカー系自動車販売会社に勤務。在職中は個人顧客を中心に年間平均60台の新車を販売。自動車保険の見直し提案などの経験も豊富。その後、金融業界に精通した業務・教育支援を行う会社に転職し、法人営業に従事するとともに、2級ファイナンシャル・プランニング技能士およびAFP資格を取得。2018年よりライターとして活動を開始。新車ディーラー業界の裏話やファイナンシャルプランナーの視点から見た車購入アドバイスだけでなく、お得なカー用品やガジェット紹介等も得意とする。私生活では3児とうさぎ2羽の父。【保有資格】2級ファイナンシャル・プランニング技能士、AFP(日本FP協会認定)

→著者のプロフィールと記事一覧

moto g32のスペックについて

 モトローラはかつて、国内キャリアにおいて斬新なデザインのガラケー(ガラパゴスケータイ)を販売していたこともあり、ガラケー世代の人にはなじみがあるかもしれません。もともとは米国のメーカーですが、現在は中国のパソコンメーカー「Lenovo(レノボ)」の子会社として、スマホなどを製造しています。

 そのモトローラが、2022年9月末に発売したモデルが「moto g32」です。Android OSを搭載し、公式オンラインストアでの販売価格は2万8800円(税込)。またスペックは以下の通りです。

フォト moto g32の箱の中には、クリアカバーが入っているが、充電器はない

moto g32のスペック

  • OS:Android 12
  • プロセッサー:Qualcomm Snapdragon 680
  • メインメモリ:4GB
  • 内部ストレージ:128GB
  • 外部メディア:micro SDカード
  • 外部メディア最大容量:micro SDカードにより、最大1TBまで拡張可能
  • ディスプレイ:約6.5インチ
  • メインカメラ:約5000万画素
  • インカメラ:約1600万画素
  • サイズ:約73.84(幅)x161.78(高さ)x8.49(奥行)mm
  • 重さ:約184g
  • バッテリー:5000mAh
  • 生体認証:指紋認証、顔認証
  • インタフェース:USB Type-C、イヤフォンマイクジャック3.5mm
  • カラー:ミネラルグレイ、サテンシルバー
  • 主な付属品:カバー、SIM取り出しピン、ガイド類(ACアダプターやUSBケーブルは非同梱)
  • 5G:非対応

moto g32を使ってみた コスパの良さを実感!

 moto g32は、3万円未満で購入できる、いわゆるエントリーからミドルレンジの価格帯のスマホです。メインで使っているAppleの「iPhone 13 Mini」と合わせて1カ月ほど使ってみると、そのコストパフォーマンスの高さを実感しました。以下で、その使用感を紹介します。

フォト moto g32は高コスパモデル

ちょうど良いサイズのディスプレイ

 最近の端末は大型化しており、moto g32も6.5インチと大きめのディスプレイを搭載しています。ブラウジングやメール(メッセージ)、動画鑑賞をする人にとっては、サイズ感はちょうど良いと思います。

 筆者が普段使っているiPhone 13 mini(5.4インチ)と比較すると、余計に見やすさを感じました。

 ただ、スーツやワイシャツのポケットに入れて持ち運びたいとなると、少々大きく感じるかもしれません。

電池持ちがとても良い

 moto g32は電池の持ちが良い印象です。サブ機として使った限りですが、通常使いでもバッテリーは2〜3日くらいは余裕で持つのではないでしょうか。

デュアルSIMが便利

 moto g32はデュアルSIMに対応しています。国内版iPhone 14シリーズの場合、物理的なSIMカード+eSIMですが、moto g32はSIMカード2枚に対応しています。

フォト moto g32は、SIMカード2枚とmicro SDカードにも対応したトリプルスロット

 仕事とプライベート用で2つの携帯電話回線を持っている人や、通信障害などに備えて2社の携帯電話回線を保有している人には便利なモデルです。また、海外でプリペイドSIMを契約して使用するケースなどでも活躍しそうです。

指紋認証が速い

フォト 指紋認証が速くて便利

 moto g32のサイドボタンは、電源・音量の上下の3ボタンがあり、電源ボタンは指紋センサーを搭載しています。電源ボタンを少し触るだけで、すぐにロックの解除ができます。いつ認証したのか分からないくらい速いです。指紋認証の精度はとても高いので、ストレスフリーで使い始めることができます。

ゲームをするには厳しいかもしれない

 moto g32はエントリーからミドルレンジの価格帯ということもあり、ハイエンドモデルほどの高いスペックではありません。そのため、3Dタイトルなど負荷の大きいゲームはプレイしにくいかもしれません。さほど動作が重くないゲームであれば、問題はありませんが、少々ストレスに感じる場合もあるでしょう。

moto g32をヘビーに使ってみたら……バッテリー持ちに驚き

 「バッテリー持ちが良い」と前述しましたが、1日中moto g32を使用したときの、バッテリー消費量を紹介したいと思います。平日の通勤や休憩時間のスマホ使用に加えて、休日はヘビーに使いました。

平日:通勤などのすき間時間に使用

フォト 平日1日使用したときの、バッテリー使用について

 まずは、主に平日に使ったときのバッテリー残量を紹介します。写真は通勤、休憩時間、仕事の移動中の空き時間に丸1日使用した翌朝のバッテリー残量です。

 使用時間の大半をYouTubeとApple Musicが占めていますが、エンタメ利用で酷使しても丸2日はバッテリーが持つイメージです。ちなみに、バッテリー容量が2406mAhのiPhone 13 miniで同じ使い方をした場合、その日の夕方までバッテリーが持たないことが多いです。

休日:カーナビ用端末として使用

フォト 休日1日使用したときの、バッテリー使用について

 次に、休日の使い方の一例として、ほぼ1日Googleマップをカーナビ代わりに使った場合です。カーナビ使用時は画面を常時オンにし、通信もしているので、バッテリー消費が激しい状況でした。

 トータル10時間くらい使用し、帰宅後の18時ごろのバッテリー残量が55%でした。その後調べ物などでmoto g32を使いましたが、寝るまで充電なしで使用し続けることができました。

moto g32は、サブ端末が欲しい人におすすめ

 moto g32を一通り使ってみましたが、その特徴から向き・不向きがあるのも確かです。まとめると、下記のような人におすすめといえるでしょう。

フォト moto g32はサブ端末としても
  • とにかくコスパの良いスマホを探している
  • デュアルSIMに対応している端末が欲しい
  • 電池持ちが良いスマホが欲しい
  • サブ端末が欲しい
  • 子供用の安価な端末を探している

 ディスプレイが大きいため、低価格で買えるエンタメ用のサブ機にぴったりかもしれません。また車を運転するなら、メインスマホとは別のカーナビ端末としても活躍するでしょう。

「スマートフォン」最新ランキングも要チェック!

30日間無料でお試し! 1億曲以上が聴き放題!

こちらの記事も要チェック!

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  1. 【車中泊】買って良かった「ポータブルクーラー」 睡眠モードが優秀すぎる! 暑くても、朝までぐっすり眠れる優秀アイテム
  2. ワークマンのすぐ乾く「アクティブUVパンツ」は夏にガシガシ使える 高はっ水&便利ポケット付きで1900円
  3. ワークマンの「グルカサンダル」が今年も登場 実は歩きやすくて、疲れにくい! ワークマン好きもおすすめのサンダルは要チェック
  4. ワークマンの「ひんやり涼しいウェア」3選 499円の“放熱冷感Tシャツ”が快適すぎる【後編】
  5. 【付録】シンプルだけどキュート mozの「3WAYエコトートバッグ&ウォールステッカー」が登場 買い物にぴったりなたっぷりサイズ
  6. 今売れている「草刈り機」おすすめ3選&ランキング 一番人気は取り回しの良い除草バイブレーター! 4000円前後で買えてコスパ抜群【2024年7月版】
  7. 「卓上冷風扇」おすすめ3選 気になるエリアをピンポイントで“ひんやり”させるポータブルな冷房機器【2024年7月版】
  8. 「セイコー プロスペックス」おすすめ&ランキング 間違いなしのダイバーズやクロノグラフ【2024年7月版】
  9. 愛用者増加中「疲労回復サンダル」おすすめ3選 履き心地抜群の癒されるシューズをチェック【2024年7月版】
  10. 夏でも涼しい「ロングパンツ」おすすめ3選&ランキング ノースフェイスのカーゴパンツが便利! 3000円台で買えるベンチレーション付きのモデルなど【2024年7月版】