メディア

作業環境をぐんと快適に 「USB type-C対応ディスプレイ」据え置き型3選 ケーブル1本で映像も電源も【2024年3月版】

» 2024年03月04日 17時30分 公開
[森坂光郎Fav-Log]
※本記事はアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

 パソコン用のディスプレイ(モニター)において「USB Type-C端子」を備えるモデルが増えてきました。USB Type-C対応のディスプレイはケーブル1本で映像や音声、USB信号の伝送が可能で、使い方次第でディスプレイ周りのケーブルをすっきりさせることもできます。

Acer CB272Kbmiprux Acer CB272Kbmiprux(出典:Amazon

 今回は、USB Type-C端子を搭載したディスプレイの中でも、据え置き型のモデルをピックアップして紹介します。

森坂光郎

森坂光郎

古の「ケータイ雑誌ライター」。フィーチャーフォン時代の終焉とともに、守備範囲をIT・ガジェット・パソコン・AV家電など広範囲に拡大。趣味はゲームとアニメ・仮面ライダー・アメコミ映画などの鑑賞。好きな音楽はクラシックロックとネオアコ。

→著者のプロフィールと記事一覧

対応のパソコンやスマホの映像を画面に出力

 パソコンとディスプレイを接続するには、数多くの端子が存在します。現在の主流は、映像だけでなく音も入出力できる「HDMI」端子と、映像のみ出力可能な「DisplayPort」端子です。そのほかにも過去には主流であったアナログ信号の「VGAポート」や、デジタル信号の「DVI」といったものも存在しますが、変換アダプターなどを用いればたいていのケースで問題なく接続できます。

アイ・オー・データ LCD-C271DB-FX アイ・オー・データ LCD-C271DB-FX(出典:Amazon

 上記のように数多く存在する映像入出力の端子ですが、スマートフォンでもおなじみの「USB Type-C」が映像の入出力に対応するようになり、対応のディスプレイも増えてきました。USB Type-C搭載のディスプレイならば、電力供給にもUSBを使用できるので、据え置き型ディスプレイからノートパソコンに電力供給しながら映像を出力したり、逆にノートパソコンからモバイルディスプレイに電力供給しながら映像を出力したり、といったことが可能です。

 なお、USB Type-Cを使った映像の入出力と電力供給は、どちらもパソコン側とディスプレイ側の対応が必要となりますので、購入時・利用時には手持ちの機器と併せて、仕様を確認しておく必要があるので注意しましょう。

昇降式スタンド採用の4K液晶ディスプレイ

 「JN-IPS27UHDR-C65W-HSP-W」は、JAPANNEXTのUSB Type-C対応ディスプレイです。27インチで4K(3840×2160ピクセル)解像度に対応し、どんな角度から見ても色やコントラストの変化が起きにくいIPSパネルで、広視野角上下左右178度を実現します。

JN-IPS27UHDR-C65W-HSP-W JN-IPS27UHDR-C65W-HSP-W(出典:Amazon

 本体カラーにはディスプレイでは珍しいホワイトを採用。ディスプレイベゼルやスタンドも白となっており、爽やかでおしゃれな空間を演出できます。付属の電源アダプターとケーブル類などにもホワイトカラーを採用しており、全体が白を基調に統一された部屋や医療機関などでの使用にもおすすめです。

 高さ調整が可能な昇降式スタンドを搭載し、最大140mmの範囲内で好みの高さに調整可能。縦画面として使用出来るピボット(回転)機能にも対応します。公式サイトでの価格は、3万9980円(税込、以下同)となっています。

見やすい位置に簡単に調節可能

 「LCD-C271DB-FX」は、アイ・オー・データ機器のUSB Type-Cに対応した27インチの液晶ディスプレイです。USB Type-Cのケーブル1本で映像出力もノートパソコンへの給電も可能。USBハブも2ポート搭載しているので、マウスやキーボード、Webカメラなどもディスプレイ側に接続できます。

アイ・オー・データ LCD-C271DB-FX アイ・オー・データ LCD-C271DB-FX(出典:Amazon

 「フリースタイルスタンド」を採用しており、見やすい位置に高さや角度を調整することで、目や肩の疲れやストレートネックの対策ができます。ピボットにも対応し、画面を縦型にできるほか、ケーブルの位置を好みに合わせて変更できます。

 ケーブルをすっきりとまとめられるケーブルホルダー付きの台座を採用。また、スマホやキーボードなどを立てかけられるスタンドが前面に配置されているのも便利です。直営販売サイトのアイオープラザでの価格は3万6080円となっています。

ベゼル幅を抑えたゼロフレームデザイン採用

 「CB272Kbmiprux」はAcer(エイサー)のスタンダードディスプレイ「CB2」シリーズのUSB Type-C入力対応モデルです。4K解像度(3840×2160ピクセル)に対応し、ディスプレイサイズは27インチで、ISPパネルを採用しています。

Acer CB272Kbmiprux Acer CB272Kbmiprux(出典:Amazon

 USB Type-C入力は、大容量90Wの給電にも対応。複数のデバイスを接続して同時に表示できるPIP(Picture in Picture)、PBP(Picture by Picture)にも対応しています。

 スタンドは画面を90度回転できるピボット機能を搭載。首振り角度178度のスイベル機能や、高さ調整機能も備え、自分のスタイルに合わせたポジションで使用できます。ベゼル幅を抑えたゼロフレームデザインを採用しており、2台以上のディスプレイを並べて使うマルチディスプレイにも適しています。Amazonでの参考価格は4万6800円となっています。

最新「ディスプレイ」人気ランキングをチェック!

こちらの記事も要チェック!

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  1. 【ワークマン新作】レビュー1400件以上の大人気「スクエア真空ハイブリッドコンテナ」の保冷力がすごい! 従来モデルから進化した点は?
  2. 今売れている「ポータブルクーラー」おすすめ3選&ランキング キャンプや車中泊でも涼しい! 1万円台で買える高コスパモデルなど【2024年7月版】
  3. 【付録】リトルミイの「カワイイ付録グッズ」3選 ゴールドのリトルミイが上品なバッグは要チェック
  4. 防水「ゴアテックスレザースニーカー」おすすめ3選 カジュアルからビジネス向けまでピックアップ【2024年7月版】
  5. アウトドアブランドの「サンダル」おすすめ5選 街中からオフィス履きまで使えるスニーカースタイルのモデルをピックアップ!【2024年7月版】
  6. セイコー「プレザージュ」のおすすめモデル4選 機械式腕時計と日本の伝統工芸が融合【2024年7月版】
  7. 今売れているカシオ「プロトレック」おすすめ&ランキング 登山やキャンプで活躍するアウトドアウォッチ【2024年7月版】
  8. 今売れている「アウトドアテーブル」おすすめ&ランキング キャンプの食事やお茶タイムに活躍!【2024年7月版】
  9. 今売れている「サウンドバー」トップ10&おすすめ3選 Dolby Atmosや独自技術の立体音響を搭載したモデルをピックアップ【2024年7月版】
  10. 「トレッキングシューズを普段履きしてもいいの?」よくある質問に元アウトドアショップ店員が回答 注意点は?