メディア

注目の「ソロキャンプ向け新製品」3選 アウトドアデイジャパン東京で発見! 軽量コンパクトなシングルバーナーなど

» 2024年04月08日 15時00分 公開
[大屋雄一Fav-Log]
※本記事はアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

 全国各地で開催されている日本最大級のアウトドアイベント「アウトドアデイジャパン」。今回は、3月30日、31日に代々木公園(東京都渋谷区)で開催されたアウトドアデイジャパン東京で見つけた、ソロキャンプ向けの新製品を紹介します。

フォト 注目の「ソロキャンプ向け新製品」を紹介

大屋雄一

大屋雄一

モーターサイクル&自転車ジャーナリスト。短大卒業後、好きが高じて二輪雑誌の編集プロダクションに就職し、6年の経験を積んだのちフリーランスへ。ニューモデルの試乗記事だけでもこれまでに1500本以上執筆し、現在進行形で増加中だ。また、中学〜工高時代はロードバイクにものめりこんでいたことから、10年前から自転車雑誌にも寄稿している。キャンプツーリングも古くからの趣味の一つであり、アウトドア系ギアにも明るい。

→著者のプロフィールと記事一覧

定番シングルバーナーに軽量モデル誕生

 最初に紹介するのは、新富士バーナーのアウトドアブランド「SOTO」のシングルバーナーです。SOTOのシングルバーナーと言えば、2008年の発売以来、大人気となっている「ST-310 レギュレーターストーブ」という商品があり、筆者は3年前から愛用しています。

フォト ST-350 レギュレーターストーブTriTrail(トライトレイル)

 新たに登場した「ST-350 レギュレーターストーブTriTrail 9900円(税込、以下同)」は、ST-310の330gに対して約135gと重さは半分以下で、しかも収納サイズは約42%もコンパクトなのです。

フォト 右はST-310と同寸法のST-340。左のST-350は収納サイズが約42%もコンパクトに
フォト ST-310は大人気だけに、これまでに有名ブランドとのコラボモデルも多数作られた

 発熱量は2.6kWで、ST-310の2.9kWよりもわずかに低いのですが、脚を兼ねるゴトクを1本減らした上で材質をチタンにするなどして、大幅な軽量化を達成しています。自転車によるキャンプツーリングや縦走登山など、少しでも荷物の重量を減らしたいキャンパーにとってはかなり魅力的な製品と言えるでしょう。

フォト 筆者が愛用しているST-310は2021年に購入。現在の商品価格は6985円

 なお、ST-350と同時に発売される新型のカセットボンベは、OD缶と同等の成分を充填することで、寒冷地でも比較的安定して使えるのがポイントです。一般的なCB缶と同じサイズの「ST-712」が1本550円。長さを186mmから120mmへと短くしたコンパクトな「ST-711」は495円です。

人気のアウトドア用シングルコンロをチェック!

もうタープは不要 ソロテントに前室をプラスする技アリな逸品

 続いて紹介するのは、バイクのカスタムパーツメーカーであるデイトナの新製品「マエヒロシェルター 標準価格:2万1780円」です。

 ソロ用のテントは前室が小さいものが多く、特にウルトラライト系はシューズを置くのがやっとという製品も少なくありません。雨の日に煮炊きをしたり、真夏に日差しを遮って快適に過ごしたりするには、前室の大きなテントを選ぶかタープを併設するしかありません。

フォト デイトナアウトドアのマエヒロシェルター

 マエヒロシェルターは、そうした悩みを一挙に解決する画期的なアイテムです。アーチ状のアルミポールによるドーム型のシェルターで、一般的なサイズのソロ用ドームテントと組み合わせると、広大なリビングスペースが生まれます

 同様のことはタープでも実現可能ですが、小川張りというやや難しい設営方法が求められる上に、風に弱いというデメリットも。それに対してマエヒロシェルターはドーム型ですので、風に強い傾向にあります。

 オプションのアルミポール100を追加すれば、単独でシェルターとして使うことも可能ですので、タープ泊もできそうです。何よりうれしいのは、収納サイズが44(長さ)×10(直径)cm、重さが約1.35kgと、非常に軽量コンパクトなことです。これならバイクによるキャンプツーリングでも大きな負担増にはならないでしょう。

フォト 高さ95〜125cm、幅220cm以内のドームテントなら組み合わせ可能

人気のテントをチェック!

人気の蚊取りアイテムに、アウトドア向けのニューカラーが登場

 最後に紹介するのは、キャンプのみならずアウトドア全般で活躍する蚊取りアイテム「カノクス 4950円」です。ライフスタイルブランドの「braaa(ブラー)」と、殺虫剤メーカーのKINCHO(キンチョー:大日本除虫菊)が共同開発したもので、上下に亜鉛合金製のカラビナを配したタフなデザインがポイント。耐荷重は5kgとなっています。

フォト 電池式蚊取りアイテム「カノクス」。右が新色のカーキ

 発売されたのは2023年5月下旬で、当初はブラックとアイボリーの2色展開でした。2024年はカーキを追加し3色展開となります。使用する薬剤カートリッジはKINCHOの「おでかけカトリス」シリーズと共通ですし、バッテリーは単4アルカリ乾電池×2本ですので、どちらも入手しやすいのがうれしいですね。

 スイッチをオンにすると薬剤カートリッジが回転し、その遠心力と撹拌(かくはん)気流によって有効成分が効率良く広がります。屋内でしたら広さ10畳まで対応できるとのことなので、効果はかなり期待できそうです。また、火や煙が出ないので安全性が高いのも魅力でしょう。

無料でお試し 音楽聴き放題!

Apple Gift Cardで、楽天ポイントがたまる・使える!

Google Play ギフトコードで、楽天ポイントがたまる・使える!

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  1. 今売れているカシオ「プロトレック」おすすめ&ランキング 登山やキャンプで活躍するアウトドアウォッチ【2024年6月版】
  2. 今売れている「ランニングシューズ」おすすめ&ランキング 歩きやすい普段履きとしても活躍!【2024年6月版】
  3. ワークマンとダイソーの「EVAサンダル」を比べてみた ボリュームのある“ふわもこ”サンダル、違いは?
  4. ワークマンの爽やか「グリーン系ウェア」3選 1000円以下で買える“ひんやり素材”の5分袖Tシャツなど
  5. 「メレルのシューズ」売れ筋ランキングトップ10&おすすめ タウン用からハイキングシューズまで幅広くランクイン【2024年6月版】
  6. 【付録】「傘」の付録アイテムが続々登場 ムーミンのナチュラルかわいい雨傘や、コールマンの晴雨兼用折りたたみ傘など3つをチェック
  7. 今売れている「チープカシオ(チプカシ)」おすすめ3選&ランキング 1000円台から買える高コスパ腕時計【2024年6月版】
  8. セイコー「プレザージュ」のおすすめモデル4選 機械式腕時計と日本の伝統工芸が融合【2024年6月版】
  9. 今売れている「アウトドアナイフ」おすすめ&ランキング キャンプや釣りなど、野外で活躍!【2024年6月版】
  10. 【付録】スヌーピーの「大容量トート」が登場 オリジナルデザイン&トリコロールの持ち手がカワイイ!