連載
» 2002年07月13日 12時00分 公開

Javaオブジェクトモデリング(3):静的モデル:クラスにおけるUMLとJavaのマッピング(1) (1/4)

[浅海智晴,@IT]

 UMLのクラス図は、「分類子(classifier)」と分類子間の「リレーションシップ」という2種類のモデル要素を使ってモデルを構築していきます。分類子の中で特に重要なものが「クラス」と「インターフェイス」です。また「例外」と「パッケージ」もJavaとのマッピングを考えるうえで外すことのできない分類子です。

 今回からこの分類子の中で、通称として“クラス”と呼ぶことが多いクラス、インターフェイス、例外とJavaのマッピングについて考えていきます。まず、UMLのクラスとJavaのクラスのそれぞれの部品を整理します。そして、次回からそれぞれの部品ごとにマッピングを検討していきます。

1.分類子と “クラス”

 UMLでは、 “クラスのようなもの”を「分類子(classifier)」と総称しています。今回取り扱うクラスやインターフェイス、例外はいずれも分類子の一種です。しかし、クラスやインターフェイス以外にも、「ノード」や「コンポーネント」、またUML 1.4で追加された「成果物(artifact)」といったモデル要素も分類子となって います。このため、“クラスのようなもの”を単純に分類子と呼ぶと逆に分かりにくくなってしまいます。

ALT 図1 分類子メタモデル(クリックすると拡大します)

 そこで本連載では、クラス、インターフェイスおよび例外を総称して「“クラス”」と呼ぶことにします。

ALT 図2 本連載の分類子メタモデル(クリックすると拡大します)
       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -