キーワード
» 2003年08月26日 00時00分 公開

情報システム用語事典:ODS(おーでぃーえす)

operational data store / オペレーショナル・データ・ストア

[@IT情報マネジメント編集部,@IT]

 基幹業務処理系システムのデータ(オペレーショナル・データ)を、検索など別の目的で利用するためにそこから抽出し、一時的にデータを保持するデータベースのこと。

 もともとは、異なる業務システムのデータを統合的に情報活用することを目的に提唱された。異なる業務システムの異質なデータを目的に応じて抽出・変換・統合して、単一のデータベースを設置することで、「現在の出荷状況」「顧客のリアルタイム分析」などが可能となる。

 また、業務システムからデータウェアハウスへデータをロードする際の中間データベースとしても有効であるといわれる。データウェアハウスとの違いとしては、揮発性を持つ(数分〜数時間の間隔で更新を許すなど)、リアルタイム(もしくはリアリーリアルタイム)データの格納、詳細データのみの保有、短期のデータ保有(1〜2カ月程度)といった特徴がある。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -