キーワード
» 2007年01月30日 00時00分 公開

情報システム用語事典:相関(そうかん)

correlation

[@IT情報マネジメント編集部,@IT]

 2つの変量があるとき、そのうちの一方が増加すると、もう一方が増加ないし減少する傾向を示す関係にあること。「相関がある」という。

 2つの変量が共に増加あるいは減少する傾向にあるときを「正の相関」といい、一方が増加し他方が減少する傾向があるときを「負の相関」という。増加・減少の傾向が強い場合を「相関が強い」、弱い場合を「相関が弱い」という。相関の強さや正負を数値で定量化したものを相関係数という。

 相関関係があるからといって、因果関係があるとは限らない。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ