調査リポート
» 2007年05月07日 14時25分 UPDATE

35歳以上の男性、約半数は“おしゃれに気を遣わない”

男性が、仕事着や普段着のおしゃれで重視するポイントはどこなのだろうか。「他人の評価」それとも「自分の満足度、こだわり」「流行」……?

[土肥義則,Business Media 誠]

 毎日同じ背広にローテーションでネクタイを締めていれば許されたのも今は昔。クールビズだウォームビズだと、ビジネスマンも仕事着のおしゃれを問われるシーンが増えてきている。

 Webマーケティングガイドは調査会社のマクロミルと共同で、「おしゃれに対する意識調査」を実施した。服を購入する際、何を重視しているのか、という質問に対し、4人のうち3人が「自分の満足度」と回答した。「他人からの評価」を気にする割合は少なく、「こだわり」で着こなしている人が多いことが浮き彫りになった。

 男性のインターネットユーザー206人を対象とし、回答者は20〜34歳(M1層)と35〜49歳(M2層)がそれぞれ103人ずつ。M1層は未婚者が72人、既婚者が31人。M2層は未婚者が27人、既婚者が76人で、調査期間は4月3〜4日までとなっている。

M2層は「仕事着には(比較的)気を遣う」

 M1層の103人のうち、仕事着と普段着の両方にお金をかけ、気を遣っていると答えたのは40人。M2層では半数以上が「お金をかけない、気も遣わない」という結果となった。しかし仕事着に関してはM1層より、お金をかけ気を遣っている。Webマーケティングガイドではこうした背景として「一部の男性ユーザーが年齢と共に仕事での地位が高まったためか、身なりに気を遣う男性ユーザーが上回っているのではないか」と推測している。またM2層の70%以上が既婚者であるため、家庭のためにお金を費やしたり、おしゃれは後回しになっているのかもしれない。

yd_5-7-1.gif 「どちらともお金をかけず、気を遣わない」人が42%に達した

 仕事着と普段着の両方にお金をかけず、気を遣わない、と回答したのは全体で98人(48%)にも達した。M1層でも40人が回答するなど、おしゃれに無関心な人が多いという結果となった。同社ではこのような男性たちに対し「どういったものにお金をかけているのか、それとも自由に使えるお金がないのか(お小遣いが少ないのか)は興味深い」と指摘している。

おしゃれの基準は“人の目より自分の満足”

 「普段着や仕事着を購入する際、何を重視していますか」という質問に対しては、全体の75%が「自分の満足度」と回答した。次いで「自分のこだわり」が全体の65%に達するなど、男性のおしゃれの基準は妻や彼女などの意見は、あまり参考にせず、自分の価値観で決めているようだ。さらに流行やブランドにも関心を示さず、自分で気に入った服を購入している傾向が出た。

yd_5-7-2.gif ブランドなどは気にせず、自分の満足度とこだわりを重視

 アンケートに回答した男性の半数以上は、服装にお金をかけず、気を遣わない、という結果になった。また、結婚し、歳をとるにつれて、おしゃれに気を遣わなくなっていくという傾向も見られた。

 もともとあまり興味がない上に、家庭を持ち、自由になるお金が減ると、まっさきに削られるのが“おしゃれ代”……ということなのかもしれない。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -