ニュース
» 2007年05月10日 17時58分 公開

SBIモーゲージと東京スター銀行が提携、最低水準金利の住宅ローンを発売

[Business Media 誠]

 SBIモーゲージと東京スター銀行は5月10日、業務提携を結び、固定と変動の金利が選択できる住宅ローンを、6月1日から扱うと発表した。

 これまでSBIモーゲージは、長期固定金利の「フラット35」と中長期固定の「マイホームローン」を扱ってきたが、今後は東京スター銀行の固定金利特約型(3/5/7年)と変動金利型の両方、さらにミックスした商品を販売していく。資金調達面などの理由で短期金利商品を扱ってなかったSBIモーゲージにとっては、同商品の販売により、初期費用を抑えたいという顧客を囲い込むのが狙い。

 SBIモーゲージが貸し出しをし、その債権を東京スター銀行が譲り受け、債権管理や回収業務を行う。東京スター銀行にとっては営業面をアウトソーシング化し、融資残高を積み上げるというメリットがある。

 SBIモーゲージのフラット35の金利は2.771%(5月10日現在)と業界で最低金利、同商品でも最低水準の金利を適用する予定だ。例えば5月の金利では、3年ものが1.55%、5年が1.9%、7年が2.05%となる。またフラット35と組み合わせた「ミックスプラン」型も販売し「主力商品として期待している」(SBIモーゲージ)という。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -