ニュース
» 2007年05月18日 19時09分 公開

ヤフーとの提携で決済収益が増加、ジャパンネット銀行

[Business Media 誠]

 ジャパンネット銀行は5月18日、2007年3月期の決算を発表した。セキュリティ費用が膨らみ営業経費が対前年同期比18.7%増加したものの、ネット決済の手数料収入が増加し、経常利益は2億9400万円の増益となった。

 2006年6月にヤフーと業務提携を結び、同年9月から新たな決済サービス「Yahoo!ネットバンキング」をスタート(関連記事)。2006年度のネット決済件数は、同1646万件増の6343万件に達した。口座数は同23万件増の158万件、預金残高は450億円増の3079億円となった。

 2007年度はヤフーとの提携を拡充させていくほか、運用ビジネスに注力していく構えだ。投資信託を下期から販売し、JNB-FX(外為証拠金取引)の商品を増やしていくという。藤森秀一社長は「投信の窓口販売を最優先に取り組んでいく」との方針を示した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -