コラム
» 2009年05月08日 12時42分 公開

米国で白熱する、プレミアムコーヒー戦争とスタバいじめ (2/2)

[石塚しのぶ,INSIGHT NOW!]
INSIGHT NOW!
前のページへ 1|2       

価格競争に参戦するスターバックス

 米国で白熱化する、けっこう過激で、ちょっとえげつないスタバいじめ。しかし、その一方で、スターバックスの零落は、厳しい言葉でいえば自業自得である。「ライフスタイルブランド」としてのポジショニングを見事に確立し、「プレミアムコーヒー」というカテゴリーを開拓したスターバックス。しかし「利益追求主義」の果てに、エスプレッソ1杯に4ドルを払わせる本来の価値を失ってしまった。今夏、スターバックスは競合の追撃に対抗し、とうとう価格競争に参戦する。アイスコーヒーやアイスラテなどを対象に、30%程度の大幅割引に踏み切るという。

 スターバックス批判は、コーヒードリンカーでもない私がするまでもない。会長のハワード・シュルツが、2007年2月に綴った公開メモに、その過ちが雄弁に語られている。

 「スターバックスは効率と利益の名のもとに、コーヒーショップのロマンと体験を犠牲にした。(中略)そのルーツであった魂を捨て、温かみあふれる近所のお店ではなく、ただのチェーンに成り下がってしまった」(石塚訳)

 顧客の期待を裏切り、夢を打ち壊したブランドが、その信頼を取り戻すことは容易でない。スターバックスの失敗には、誰もが学ぶべき痛い教訓が隠れている。(石塚しのぶ)

前のページへ 1|2       

Copyright (c) INSIGHT NOW! All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -