コラム
» 2009年11月02日 07時53分 公開

人口は増える方がいいのか、減る方がいいのか藤田正美の時事日想(2/2 ページ)

[藤田正美,Business Media 誠]
前のページへ 1|2       

なぜ人口問題を取り上げないのか

 もちろん人口の増加が「地球温暖化において大きなリスクとなる」というのはその通りだろう。しかし、経済発展という意味では、人口減少は果たしてプラスなのだろうか(一国経済ではマイナスであるならば、世界経済においてもマイナスであると考えるのは間違っているのだろうか)。どうもこのあたりはよく分からない。

 ただ言えることは、世界的に出生率が急落しているとは言っても、まだ人口は増える程度の出生率。しかし日本はそうはいかない。それなのに、政治家がそのことを声高に言わないのはいぶかしい。

 人口問題を言い出せば、行き着く先は移民という日本にとってはタブーに近い問題になるからだろうか。それとも人口が減っても生産性さえ上げれば、経済力をキープできると信じているからだろうか。日本銀行だったか、日本の潜在成長率は1%以下とはじき出したという。よく政府が言う2%程度の成長というのはいわば幻想ということになるかもしれない。

 世界の人口増加に急ブレーキがかかりつつあるという記事を読みながら、日本はこの先どうなるのかがますます気になってくる。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -