調査リポート
» 2011年02月08日 12時32分 公開

コンビニや交通広告が伸長、デジタルサイネージが急拡大

[堀内彰宏,Business Media 誠]

 2010年のデジタルサイネージ市場が、2009年と比較して12.3%増の741億円に規模を拡大している。富士キメラ総研が2月8日に発表した「デジタルサイネージ市場の動向調査」で分かった。

デジタルサイネージ市場規模(出典:富士キメラ総研)

 分野別に見ると、デジタルサイネージ広告市場が前年比25.0%増の190億円と大幅に拡大。JR東日本企画のトレインチャンネルJ・ADビジョン、日本空港ビルデングのHANEDAエアポートアドビジョンなどに加え、2009年にはイオン、2010年はローソンが本格運営を開始するなど、展開が広がっている。

 富士キメラ総研では「今後も配信委託ユーザー数、広告媒体数や事業者の増加により市場は一層拡大する」と分析。2015年のデジタルサイネージ市場の規模は2009年比126.2%増の1493億円、そのうちデジタルサイネージ広告市場は同406.6%増の770億円になると予測している。

トレインチャンネル(出典:JR東日本企画)、HANEDAエアポートアドビジョン(出典:日本空港ビルデング)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -