コラム
» 2011年03月31日 08時00分 公開

なじょして福島のビジネス、再興すっか郷好文の“うふふ”マーケティング(2/3 ページ)

[郷好文,Business Media 誠]

豊富な福島県の地域資源

 福島県の地震前の地域資源を、市町村別にまとめてみた。特産物やスポット、立地企業や力になってくれそうな組織である。

 

 北からざっと見ていこう。仙台に近い新地町は自然に恵まれ、エイなどの魚介類もフルーツも花もある。町にはうまい湧き水が何カ所もある。建築家の遠藤新氏などによる歴史的な建築物もある。相馬市は相馬駒焼の陶器で有名。南相馬市もポークやフルーツが知られ、馬追は多くの人をひき付ける行事だ。

 飯舘村には名産の牛料理がある。のどかなスローライフ体験や移住もできる。松本さんばかりいる葛尾村も自然の恵みにあふれる。ダイエットでブームのエゴマの産地はここ。浪江町はテレビ番組『鉄腕DASH』で有名になり、また焼きそば店が21もある。

 双葉町と大熊町、富岡町、楢葉町と原子力発電所の町が続く。だが双葉町にはダルマ、大熊町にはキウイ、富岡町には桜もある。楢葉町は鮭が有名で、いくら丼もうまい。広野町との境にはJヴィレッジがありスポーツ団体が集まる。内陸部の川内村にはモリアオガエルが生息し、5月になればカエルの合唱が聞こえてくる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -