連載
» 2011年04月06日 08時00分 公開

烏賀陽弘道×窪田順生の“残念な新聞”(2):朝日新聞が、東大卒を採用する理由 (3/4)

[土肥義則,Business Media 誠]

“雑種”はダメ

窪田順生さん

窪田:ちなみに僕の最終面接は圧迫面接でした(笑)。面接の席で、ある幹部にこう言われました。「君はテレビのADをやって、『FRIDAY』で記者をやって、いよいよ食い詰めて朝日新聞にきたわけかっ。君はいったい朝日で何をやりたいんだっ」と。

 圧迫というより、その人は明らかに不機嫌なんですよ(笑)。「どこの馬の骨だか知れない週刊誌記者くずれが、どうして最終面接まで残っているんだ!? で、なんでオレが面接しなければいけないんだ!?」というオーラが伝わってくる。

 ま、不機嫌になる理由も分からなくはないんですよ。僕はそのときすでに4社転職していて、朝日新聞が5社目でしたから(笑)。

烏賀陽:ハハハ。そんな“雑種”はダメだ(笑)。

 小説で新人賞を取った、司法試験に受かった、国家公務員の上級試験に受かった。「なのに」朝日新聞を受けに来た――こういったタイプが好きなんです。「あっちより朝日を選んだ」ってのが自己愛にヒットするんですかね(笑)。

窪田:いましたね、そういう人。有力政治家の下で働いていた官僚ですけど、「朝日新聞に来ました」という人が。将来、政治家になれたかもしれない――にもかかわらず、朝日新聞に就職したので、周囲からはものすごく期待されていましたね。

 その一方で僕のようにグルグル回ってきたような人間は「なにしに来たんだ!?」といった感じで、受け止められていました(笑)。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -