コラム
» 2011年07月20日 11時27分 公開

松田雅央の時事日想:ドイツメディアが注目した選手は? なでしこジャパンを振り返る (2/3)

[松田雅央,Business Media 誠]

海堀、最高評価

 決勝戦では、その宮間が相手のミスを逃さず貴重な同点ゴールを挙げた。日本と米国のゴールチャンスは6−13、コーナーキック数は4−8と、米国断然優位の試合だった。日本のシュートに本当の意味で決定的なものが少なかったのに対し、米国のシュートはゴールポストに当たるきわどいものが多かったので、数字以上の差があった。過去25戦22敗3分の米国相手に、数少ないゴールチャンスをものにした日本の粘り強さは驚異的な印象を残した。

 サッカー週刊誌『キッカー』の採点によれば、この試合の全選手中、海堀あゆみが最高点1.0を獲得している。こちらでは1(最高)から6(最低)までの6段階で評価するが、1.0が付くことはめったになく筆者も見た覚えはあまりない。ちなみにこの試合、次に高い評価を得たのはウォンバックの2.5だった。

キッカー誌より

 「海堀 PK戦で勝ち誇る」

 日本はナーバスな立ち上がりだった。得意の正確なパスは消え、米国の速いテンポに圧倒された。

 (略)

 日本にとって幸運だったのは前半を無失点で乗り切ったこと。後半に入り、米国の圧力をかわしながら攻撃の形を作れるようになった。

 (略)

 延長戦、そしてPK戦と、日本が神経の図太さを証明した。

 本試合のMVP:海堀

 キッカー誌の大会ベストイレブンには澤、海堀のほか、DFの岩清水梓が選ばれた。

ベストイレブンには日本選手から3人が選ばれた(写真と本文は関係ありません)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -