コラム
» 2012年07月02日 08時00分 公開

初音ミクが大人気――「ニコ動ガール」と「2ちゃんガール」の共通点消費者理解コトハジメ(2/3 ページ)

[大久保惠司,Business Media 誠]
誠ブログ

「ニコ動ガール」と「2ちゃんガール」ってどんな人?

 ニコ動ガールは「できるだけ周りの人とは違うものを持ちたい」と思っており、「自分が周囲からどのように思われるかが気になる」という傾向が強い人たちです。それに対して2ちゃんガールは「周りの人が持っているものを、思わず欲しくなってしまう」ことが多く、「次から次へと欲しいものが出てきて困る」という傾向が強くなっています。

 双方とも、自分自身のセルフイメージは「自分らしさがある」「センスがよい」「個性的」「ユニーク」「ワクワクさせる」「独創的」などが挙がってきており、一般的な女子学生とは違った、個性的で独創的な生き方を目指している人たちと言えるでしょう。

 この2つのグループの特徴的な共通の趣味は「カラオケ」「マンガ」「テレビゲーム」「音楽(鑑賞・演奏)」で、女性全体と比較して特に高くなっています。テレビはあまり見ません。視聴時間を全体と比較すると女性平均の3.0時間に対し2.2〜2.3時間で25%ほど短くなっています。

 その代わりネットの接続時間はPC、ケータイともに長く、PCでは女性平均が2.8時間に対し3.4時間。ケータイは1.0時間に対し1.9時間となっています。まさにネットでさまざまな情報を得ている様子が見えてきます。ちなみにスポーツはしていないと答えている人が60%を超えます。この人たちはインドア派が多いようです。

 興味関心事を女性全体との比較倍率で見てみると、ニコ動ガールのトップは「アニメ・漫画」で、「ゲーム」「恋愛・結婚」と続くのに対し、2ちゃんガールはトップに「恋愛・結婚」がきて、続いて「アニメ・漫画」「ゲーム」となります。このへんの意識のちょっとした差が好みのファッションにも現れています。

 好みのファッションブランドは、ニコ動ガールが比較的ボーイッシュなブランドを好んでいるのに対し、2ちゃんガールはガーリーなブランドが好みのようです。2ちゃんガールの方が少しだけ男性の目を意識しているような印象です。また、2ちゃんガールは「ヴィレッジヴァンガード」が特にお気に入りのショップという結果でした。いつものように「ペルソナ・イラスト」を掲載しますのでご参照下さい。

ペルソナ・イラスト

初音ミクが大人気

 この2つのグループのお気に入りを見ていくと、好きなキャラクターや好きな漫画・アニメが特徴的なことに気付きます。まず、好きなキャラクターですが、ニコ動ガールの好きなキャラクターベスト3は「初音ミク」「不思議の国のアリス」「リラックマ」です。同様に2ちゃんガールは「初音ミク」「ピカチュウ」「トトロ」となり、どちらも「初音ミク」がトップでした。「初音ミク」は女性平均の10倍以上の選択率です。

 ニコ動ガールの好きな漫画・アニメは『鋼の錬金術師』がトップで、2ちゃんガールは『DEATH NOTE』がトップです。女性の平均と比べて倍率の高いものを並べてみると『Axis powers ヘタリア』『荒川アンダー ザ ブリッジ』『黒執事』『銀魂』『テニスの王子様』『聖☆おにいさん』などが挙がってきます。みなさん、この漫画・アニメ全部分かりますか?。私は題名を知っているものがいくつかあった程度です。

 ネットへのアクセス時間が長く、アニメ・漫画などへの興味が高い。そして個性的で独創的な生き方を目指しているニコ動ガールと2ちゃんガール。たぶんネットコンテンツへの関わり方も、「視聴する」という意識よりも「参加する」という意識の方に近いのではないでしょうか。こんな背景からニコニコ超会議が大きな盛り上がりを見せたのかもしれません。

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -