連載
» 2014年01月24日 08時10分 公開

バス停の広告にはどんなメリットが? あまり知られていない効果杉山淳一の時事日想(5/5 ページ)

[杉山淳一,Business Media 誠]
前のページへ 1|2|3|4|5       

バス路線に親しみが増す

 バスシェルターに対する監視はスタッフの巡回だけではない。バスの運転手も異常に気づけば報告してくれる。また、広告の下に表示された問い合わせ先電話番号で、バス利用者から通報される場合もあるという。日頃利用する鉄道に対する親近感を「マイレール意識」というけれど、バス停がきれいになって、バス利用者にも「マイバスルート意識」が生まれているかもしれない。

 バス停留所がバスシェルターとなった。道端の「標識」が「メディア」に変わり、新たな可能性が広がったといえる。「シックスシート」のネットワーク掲出方式と高頻度のメンテナンス体制を活用すると、地域のイベントやオリエンテーリングのようなゲームにも使えそうだ。屋外広告、交通広告の進化は、まだまだ伸びしろがありそうだ。

内照式広告パネルの奥行きを生かして、商品の実物も展示できる
※画像はすべてエムシードゥコー社提供。


前のページへ 1|2|3|4|5       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -