連載
» 2014年03月18日 07時25分 UPDATE

ご一緒に“おでん”いかがですか:「有名シェフ監修」の商品にありがち……マズイ、味見しているのか (2/4)

[川乃もりや,Business Media 誠]

有名シェフからクレーム

 もちろん全ての商品がマズいわけではない。多くは「ふーん、こんな味か」という平凡な感想だが、中には「えっ、何これ? マズい!」と思わず叫びたくなるような商品があるのだ。

 パッケージに「高級料亭監修」と書いてあるからといって「味が違うじゃないか」と文句を言っているのではない。また「カレー専門店の味」を謳いながら「レトルトカレーに近い味じゃないか」と言っているわけでもない。

 一口食べて残してしまう……そんなレベルなのだ。

 そういった商品には、ある共通点がある。それは「話題性だけで商品化」しているケースが多いのだ。

 例を挙げると、有名シェフの名前を冠した商品。有名シェフが基礎設計をしている商品の多くは、パッケージこそにぎやかだが、中身はほとんど伴っていない。美食国家である日本で、有名になるのは大変な努力が必要だっただろう。メディアへの露出が多く、店舗に行けば行列ができていて、なかなか食べることができない。「そのシェフが設計をした商品ならば、おいしいはずだ」と期待を膨らませて購入する。しかし、食べてみるとマズいので「ガッカリした」といった経験を持つ人もいるはず。

 これはある本部社員に聞いた話だが、あまりのマズさに有名シェフからクレームがきて、発売直後に売り場から消えた商品もあったという。後日発売された「シェフ完全監修された商品」は、ものすごくおいしかった。しかし、時すでに遅し……その商品がブレイクすることはなかった。

yd_con2.jpg あまりのマズさに有名シェフからクレームがきたことも(写真はイメージです)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

Digital Business Days

- PR -