ニュース
» 2015年05月26日 19時10分 公開

『マッサン』終了後、ウイスキーは売れている?4月も好調(2/2 ページ)

[土肥義則,ITmedia]
前のページへ 1|2       

「ブラックニッカ」ブランドも好調

「ブラックニッカ」ブランドも販売も好調だという

 好調なのは「竹鶴」だけでなく、「ブラックニッカ」ブランドの販売数も伸びている。ブラックニッカ全体で2015年1〜4月は前年比124%で推移。内訳をみると、ブラックニッカ クリアが同119%、リッチブレンドが同236%という結果に。また、6月2日には新商品「ブラックニッカ ディープブレンド」を投入する。アルコール度数は45%と高めで、30〜40代の男性をターゲットにしているという。

 ウイスキー人気は国内だけにとどまらず、海外でも好調だ。フランス、英国を中心にした欧州のほかに、米国、オーストラリアなどでも認知が高まっていて、2014年の輸出数量は前年比132%(10万箱:1箱=700ミリリットル×12本換算)と伸びている。

 また、ニッカウヰスキーが製造する「竹鶴 21年ピュアモルト」など全8アイテムが、世界的な酒類品評会「インターナショナル・スピリッツ・チャレンジ(ISC)2015」において金賞を受賞。ニッカブランドのウイスキーが金賞を受賞するのは、8年連続となる。

 『マッサン』終了でウイスキーブームも終わり……といった声も多かったが、仕事が終わってからの1杯、家に帰ってからの1杯という姿はなかなか消えなさそうだ。

全8アイテムで金賞を受賞
前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -