Mobile:KEYWORD 2003年4月1日 07:39 PM 更新

1x EV-DO【いちえっくす・いーぶい・でぃーおー】

KDDIが4月末から「CDMA2000 1x EV-DO」の試験サービスを開始する。この新しいデータ通信方式はどのようなものなのだろうか

 1x EV-DOは、KDDIが採用した第三世代携帯電話CDMA2000 1x(1x MC:用語)の延長線上にあるもので、これまで以上に高速なデータ通信を可能にした技術仕様のこと。RAKE受信機能やソフトハンドオーバーの省略など、音声品質を確保せずに済むことから、1.25MHzの帯域幅をすべてデータ通信向けに割り振ることができる。その結果、1xでは最高144kbpsだったものが下り最大2.4Mbps、上り最大153Kbpsを実現するに至った。

 1x EV-DOの中身は、米Qualcommが開発した「HDR(High Data Rate:用語)」と同じもの。これは1x EV-DOの概念を満たす技術として、具体的なものがHDRであったということで、3GPP2(用語)によって正式に採用された。

 EV-DOは、進化を意味する「Evolution(エボリューション)」とデータ通信に特化した「Data Only(データオンリー)」を表している。

 1xの拡張版にはこのほかに、1x EV-DV(Evolution Data and Voice:データアンドボイス)がある。1x EV-DVは、まだ技術仕様が確定しておらず、有力な候補として米MotorolaやNokiaなどの推奨する「1x TREME」や、中国LinkAir Communicationsが開発した「LAS-CDMA(Large Area Synchronized CDMA)」、Qualcommも参加している「L3QS」などがある。

 KDDIでは2003年4月30日から、2GHz帯を使ったEV-DOの試験サービスを東京23区内で開始する。試験サービスは10月までとされ、それ以降は商用サービスとして800MHz帯を使ったEV-DOが開始されるもよう。800MHz帯のサービスエリアは1xと同じで、1xと1x EV-DOのデュアルモードを採用した音声端末も登場する。



関連記事
▼ KDDI、「1x EV-DO」試験サービスを4月30日スタート
KDDIは、第3世代携帯電話の高速データ通信「CDMA2000 1xEV-DO」方式の試験サービスを4月30日から都内の一部で開始すると発表した

▼ KDDIの「1x EV-DO」の概要が明らかに〜まずは23区内
KDDIは、パケット型のデータ通信に特化した「CDMA2000 1x EV-DO」の導入を予定している。まず2GHz帯を使って東京23区に導入、続いて音声端末向けに800MHz帯への導入も進める

▼ 「EV-DOで完全定額制は可能」とクアルコム
3G端末に順調に推移するKDDIは、さらに高速なデータ通信方式「CDMA2000 1x EV-DO」の試験サービスを今年4月から開始する。しかし「EV-DOでも完全定額料金は非現実的」というのがKDDIの最近のコメント。クアルコムは「技術的には定額制は可能」と言うが……

▼ KDDI、2003年4月よりCDMA2000 1xEV‐DOの試験サービスを開始
KDDIは2GHz帯をデータ通信専用に使う意向を明らかにした。最大2.4Mbpsのデータ通信速度を持つ1xEV-DOを用いる。音声通信については、引き続き800MHz帯を用いていく

▼ CDMA2000 1x EV(HDR)はなぜ安い?──HDRの仕組み
試験サービスが開始されているNTTドコモのFOMAに対して、CDMA2000 1x/1x EVを採用するKDDIは、低コストをウリ文句としている。低コストを可能にするCDMA200 1EVこと「HDR」とはどんな技術なのか。クアルコムジャパンに聞いた


関連リンク
▼ 3GPP2
▼ Qualcomm
▼ KDDI

[江戸川, ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!