Mobile:NEWS 2003年6月25日 09:19 PM 更新

ケータイカメラ画質研究ラボ
EXILIMに肉薄する発色の「SH505i」(2/2)


前のページ

室内での撮影でもなかなかの性能を発揮

 続いて、室内撮りである。まずは蛍光灯から。

左が初代EXILIM、右がSH505iで撮影(クリックで生データ)

 EXILIMはうまくオートホワイトバランスが働かずに緑かぶりが出てしまったが、それを抜きにしても、SH505iの色の鮮やかさや爽やかさは素晴らしい。緑も赤も黄色も青もとてもリアルに出ているし、ダイナミックレンジもなかなかのものだ。無理に130万画素CCDにせず、100万画素で抑えたのがよかったのかもしれない。ディテールの甘さは許せてしまうほどの出来のよさだ。

 続いて白熱灯下で撮影。ノーマルモードとマクロモードだ。

左がノーマル、右がマクロモード

 こちらも白熱灯の赤みがかなり補正されていてきれいに撮れている。周辺部が流れてしまっている以外に問題はないが、近距離の被写体はちょっとボケ気味。2−30センチからはマクロモードにしたほうがよさそうだ。マクロモードはそれほど近寄れるわけではなく、10−15センチくらいが一番くっきり撮れるようである。

 続いてろうそく灯下の、オート、夜景、ピクチャーライト点灯の3パターンを見てみよう。

左からオート、夜景、ピクチャーライト(クリックで拡大)

 オートモードだと暗部に派手に偽色ノイズが出ているが、夜景モードにするとシャッタースピードが遅くなる代わりに増感が抑えられてノイズが減る。それでもスローシャッターによるノイズは発生してしまった。しかし、ここまで暗いところでの撮影もそうないだろうから大きな問題ではあるまい。ピクチャーライトの色はホワイト。このくらいの距離だとけっこう強力だ。

 このように、細かい欠点はあるものの、カメラ付ケータイとしては最高レベルの画質を持つ端末といっていい。あとはレンズがよくなればかなりのものである。

再生モードはなかなか使いやすい

 SH505iは再生機能もよくできている。撮影時にサブメニューを出すと、上から2番目に「撮影画像一覧」があるおかげで、カメラモード時でもすぐ撮った写真を再生できる。再生時には1画面に9枚のサムネイルが並ぶので写真も探しやすい。またこの状態でiショット送信ができるのも便利。自動的にiショット(S)かiショット(L)に縮小して送信してくれるのだ。しかも、元画像が外部メディアにあっても問題ない。

 こういうあって当たり前の機能を持たない端末が多いのは嘆かわしい。多くの端末は、まず外部メディアから内蔵メモリにデータを移し、それを縮小してから送らねばならないのである。

 外部メディアはminiSDカード。ただでさえ小さいSDカードがさらに小さくなったものだ。製品にはSDカードアダプタが付属するので、それを使えばSDカードとしてPCのカードリーダで読みとれる。

 残念なのは動画機能。例えば現行のFOMAは3GPP形式のMPEG-4画像である。「SO505i」はASF形式のMPEG-4画像である。しかしSH505iはNancy形式の動画なのだ。汎用性や将来性を考えると、MPEG-4でも撮影できるオプションを用意してほしいところだ。

 あとは保存時間がやたらかかる以外はカメラ付きケータイとして「現時点では」最高レベルの出来といえよう。プチデジカメとしての将来が(SH505iのFOMAバージョンとか)楽しみな端末である。



関連記事
▼ 特集:ドコモの「505i」
NTTドコモが2003年春に発売する「505iシリーズ」は、さまざまな機能が盛り込まれたハイエンド端末だ。6機種すべてにQVGA液晶を標準搭載するほか、メガピクセルカメラを内蔵した端末も複数ラインアップされる。

▼ 特集:メガピクセルの夏
この夏、メガピクセル級カメラを搭載した携帯電話は6機種リリースされる。果たして100万画素クラスのデジカメに迫れる写真を撮れるのだろうか。カシオ計算機製のデジタルカメラ「EXILIM」との比較、屋内外での実力の検証などをオリジナルデータ付きで紹介する

▼ 名刺を読みとれる「SH505i」登場
「505iシリーズ」3機種目となる「SH505i」は、従来のカメラ付き端末の形状そのままに、メガピクセルカメラなど各部を強化した端末。505iとして初めて、OCR機能やバーコード読み取りに対応した

▼ 「505i」、ただいま30万台
1号機「D505i」の発売から1カ月、順調な販売が続いている。累計では、そろそろ30万台を突破しそうだ。

▼ ドコモの「SH505i」店頭に並ぶ
ドコモの505iシリーズ第3弾となるシャープ製端末「SH505i」が都内で店頭に並んだ。新規の価格は3万円前後。

▼ 「SH505i」、4日で4万2000台を突破
505iシリーズ第3弾、シャープ製の「SH505i」は、「SO505i」「D505i」に次ぐ売れ行き。初日には1万7000台を販売した。

▼ Mobile Weekly Top10:“本音の”505i選び
6機種混線模様の505iシリーズ。まだ全機種が発売されたわけではないが、本音で話すとどれが期待度“大”なのだろうか

▼ 505i、6機種のソフトを比較する
ビジネスシヨウで一般公開された「505iシリーズ」実機を元に、一歩踏み込んで、各機種のメニューや機能を画面で比較してみた。「SO505i」の厚みが増すなど、スペック表も一部変更になっている

▼ QVGA大型3D液晶の「SH505i」
シャープ製の「SH505i」は、505iシリーズの中でもトップクラスの大きさとなる2.4型液晶を搭載。高精細のシステム液晶で3D表示も可能だ。カメラには100万画素CCDを搭載

▼ EXILIM「EX-S1」とメガピクセルケータイを比べる理由

[荻窪圭, ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

前のページ | 2/2 | 最初のページ



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!