検索
ニュース

ソフトバンクからHuaweiスマホ「Mate 10 Pro」と「nova lite 2」が登場

ソフトバンクが、Huaweiのスマートフォン「HUAWEI Mate 10 Pro」と「HUAWEI nova lite 2」を発売する。Mate 10 ProはAIプロセッサやライカと共同開発したデュアルカメラを搭載。HUAWEI nova lite 2はコストパフォーマンスを重視する人向けのモデル。

PC用表示 関連情報
Share
Tweet
LINE
Hatena

 ソフトバンクが、Huaweiのスマートフォン「HUAWEI Mate 10 Pro」と「HUAWEI nova lite 2」を発売する。いずれも日本ではSIMロックフリーモデルが発売されたが、国内のキャリアが扱うのは初めて。

 Mate 10 Proは5月11日に予約を受け付け、5月18日に発売する。価格(税込、以下同)は一括10万7520円、月月割を引いた実質価格は新規契約と機種変更が5万9520円、MNPが1万6320円。カラーはミッドナイトブルーとチタニウムグレーの2色。

Huawei
ソフトバンクの「HUAWEI Mate 10 Pro」。こちらはミッドナイトブルー
Huawei
チタニウムグレー

 Mate 10 Proは、最新プロセッサ「Kirin 970」の中に、AIの演算に特化した「NPU(Neural-network Processing Unit)」を搭載。NPUがユーザーの使い方を理解して、効率よくリソースを配分することで、4000mAhという大容量バッテリーと合わせて高いスタミナを実現。平均的なユーザーが充電なしで使っても約2日持つという(Huawei調べ)。AIに対応したMicrosoftの翻訳アプリをプリインストールしており、オフラインで50言語以上の翻訳が可能。

 アウトカメラはライカ(Leica)と共同開発した、有効約1200万画素RGBセンサーと有効約2000万画素モノクロセンサーを搭載。こちらもAIを生かし、あらかじめインプットした1億枚以上の画像をベースに、13種類の被写体を認識して最適な画質に自動で調整する。2つのカメラを生かした背景ボカシや、モノクロセンサー単体を使ったモノクロ撮影も可能。インカメラは有効約800万画素。

 ディスプレイは、アスペクト比が18:9の6型フルHD+(1080×2160ピクセル)の有機ELを搭載。内蔵ストレージは128GB、メインメモリは6GB、外部メモリカードスロットは搭載していない。通信速度は下り最大400Mbps、上り最大37.5Mbps。IPX5/7の防水と、IP6Xの防塵(じん)をサポートしている。

「HUAWEI Mate 10 Pro」の主な仕様
機種名 HUAWEI Mate 10 Pro
メーカー Huawei
OS Android 8.0
プロセッサ Kirin 970/2.36GHz 4コア+1.8GHz 4コア
メインメモリ 6GB
ストレージ 128GB
外部メモリ
ディスプレイ 約6.0型フルHD+ 有機EL
解像度 1080×2160ピクセル
連続通話時間 約950分(FDD-LTE)、約1140分(W-CDMA)、約1980分(GSM)
連続待受時間 約435時間(FDD-LTE)、約426時間(AXGP)、約522時間(W-CDMA)、約585時間(GSM)
バッテリー容量 4000mAh
アウトカメラ 有効約2000万画素CMOS+有効約1200万画素CMOS
インカメラ 有効約800万画素CMOS
ボディーカラー ミッドナイトブルー、チタニウムグレー
サイズ 約75(幅)×154(高さ)×7.9(奥行き)mm
重量 約178g

 nova lite 2は、価格の安さだけでなく、デザインや性能にもこだわるユーザーに向けたモデル。日本ではこれまでSIMロックフリー版をMVNOのみが扱っており、2万円台半ばという安さが特徴の1つだった。発売時期が2018年7月上旬以降ということもあり、価格は未定だが、ソフトバンク版はさらに安く購入できることが期待される。

Huawei
Huawei
ソフトバンクの「HUAWEI nova lite 2」。左からゴールド、ブルー、ブラック

 アウトカメラが有効約1300万画素と約200万画素の2眼で、2つのカメラを組み合わせた背景ボカシ撮影が可能。有効約800万画素のインカメラには、手をかざすだけでシャッターが切れる機能や、美肌補正して人物をキレイに撮る「ポートレートモード」を用意した。

 ディスプレイは、アスペクト比が18:9の5.7型フルHD+(1080×2160ピクセル)液晶を搭載。メインメモリは3GB、内蔵ストレージは32GBを備える。外部ストレージは最大256GBのmicroSDXCに対応する。バッテリー容量は3000mAh。通信速度は下り最大112.5Mbps、上り最大37.5Mbps。カラーはゴールド、ブルー、ブラックの3色。

 なお、Mate 10 Proとnova lite 2ともにSIMロックフリー版はSIMスロットが2つあるが、ソフトバンク版のSIMスロットは1つに制限されている。ハードウェアの違いはSIMスロットのみで、おサイフケータイやワンセグ/フルセグなど日本独自の機能は搭載していない。本体にはSoftbankロゴは付いておらず、外観もSIMロックフリー版と変わらない。

「HUAWEI nova lite 2」の主な仕様
機種名 HUAWEI nova lite 2
メーカー Huawei
OS Android 8.0
プロセッサ Kirin 659/2.36GHz 4コア+1.7GHz 4コア
メインメモリ 3GB
ストレージ 32GB
外部メモリ microSDXC(最大256GB)
ディスプレイ 約5.7型フルHD+ TFT液晶
解像度 1080×2160ピクセル
連続通話時間 測定中
連続待受時間 測定中
バッテリー容量 3000mAh
アウトカメラ 有効約1300万画素CMOS+有効約200万画素CMOS
インカメラ 有効約800万画素CMOS
ボディーカラー ゴールド、ブルー、ブラック
サイズ 約72(幅)×150(高さ)×7.5(奥行き)mm
重量 約143g

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ページトップに戻る