プロフェッショナル モバイル 過去記事一覧
検索
ニュース

iPhone 12 Proに楽天モバイルのeSIMを設定してみた 5G SIMの併用には注意点も (2/2)

楽天モバイルはeSIMを提供しているので、iPhone 12シリーズで利用すれば、他の3キャリアのSIMと一緒に使える。eSIMの発行は「my 楽天モバイル」から簡単に行え、手数料は無料だ。ただし他社の5G SIMを同時に使う場合は注意点もある。

PC用表示 関連情報
Share
Tweet
LINE
Hatena
前のページへ |       

5GとeSIMを有効にすると、5G通信は利用できない

 これで無事、楽天モバイルとauをデュアルSIMで運用可能になったわけだが、注意点が1つある。それは、eSIMと5G SIMの両方を有効にしている状態では、5Gのデータ通信は利用できないこと。今回の場合で言うと、auの5G通信は利用できなくなる。

 eSIMを有効にした状態だと、au回線の「音声通話とデータ」の設定項目で「5Gオン」と「5Gオート」がグレーアウトしてしまい、「4G」しか選べない。「モバイル通信」から楽天モバイルの番号を選び、「この回線をオンにする」のチェックを外して通信を無効化すると、auの5Gは利用可能になる。

楽天モバイルeSIM楽天モバイルeSIM eSIMを有効にすると5Gが無効になってしまう(写真=左)ため、eSIM側のデータ通信をオフにする必要がある(写真=右)
楽天モバイルeSIM
AppleのWebサイトでも、デュアルSIMを有効にしている場合は5Gが無効になる旨が説明されている

 eSIMのデータ通信をオフにした状態でも、eSIM回線(楽天モバイル)あての着信は受けられるものの、5Gを利用する、あるいはeSIMに切り替える際に逐一設定を変えるのは面倒。この仕様は改善してほしいところだ。

前のページへ |       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったらITmedia Mobileに「いいね!」しよう
ページトップに戻る