Special
» 2020年06月30日 10時00分 公開

ノートPCに満足しない社員を納得させるテレワーク環境の作り方

[PR/ITmedia]
PR
photo

 テレワークへの対応に追われる情シス部門にとって、テレワークに用いるPCの選定は重要だ。最有力なのは今やビジネスPCの主流となっているノートPCだが、業務によってはノートPCはディスプレイサイズやパフォーマンスの面で、仕事に使うには物足りないという声が上がることもある。これをどのように解消すればいいのか、考えてみたい。

まだ高いニーズがあるデスクトップPC

 今や、ノートPCはビジネスPCのメインストリームとなっているが、高いパフォーマンスが必要な作業をする場合や、大きな画面が求められるような場合はデスクトップPCのほうが有利というケースもまだ多い。ノートPCに対してデスクトップPCは拡張性やコストパフォーマンスの面でメリットが高い。

スペース効率の面ではやはり不利?

 だが、デスクトップPCの場合、本体のサイズ自体が大きくなるうえ、その他にディスプレイやキーボードもセットで設置する必要がある。こと在宅勤務を考えた場合には、広い部屋を作業スペースにできる人ならともかく、スペース効率の面でノートPCの優位は動かない。

超小型デスクトップPCという選択

 その点、HPには驚くほどコンパクトなデスクトップPCがある。HP ProDesk 400 G5 DM/CTは、幅34mm、高さ177mm、容量はわずか1リットルと、500ミリリットルのペットボトルと比べても、奥行きこそ譲るが、その他のサイズはひと回り以上は小さい。本当にPCなのかと疑うほどだ。





多彩な設置方法を実現する超小型デスクトップPC

HP ProDesk 400 G5 DM/CT

photo
  • インテル® Core™ i5 プロセッサー搭載
  • Windows 10 Pro 64bit(日本語版)
  • メモリ8GB(8GB×1)
  • 256GB SSD
  • 画面出力・給電機能付 USB-Cポート
  • 無線LAN内蔵可能




 HP ProDesk 400 G5 DM/CT(以下、HP ProDesk 400DM)をテレワークに使用している企画部の和田安佳莉さんに使用感を聞いた。

和田さん 企画部の私が自宅で仕事するなんて、最初は想像できませんでした。たとえば企画書やプレゼン資料を作る時は文書だけでなく、Webページや画像、動画など、たくさんのファイルを開いて、あれこれ見ながら作業していたので大きなモニターは必須でした。キーボードも独立したテンキーがついているフルサイズキーボードでないとどうしても作業性が落ちてしまうので、ノートPCでは仕事にならないと思っていました。そんな私に在宅勤務用PCとして、情シス部門が用意してくれたのがHP ProDesk 400DMでした。

モニターに“おんぶ”されるほどコンパクト

 HP ProDesk 400DMでは多彩な設置方法が用意されている。オプションの「HP Quick Release 2」または「ダイレクトマウントブラケット」を利用すれば、モニターの背面にHP ProDesk 400DMを設置できるのだ。この方法をHPでは「ダイレクトマウント」と呼んでいる。モニターにHP EliteDisplayを選んだ場合は、一体設置をしたままでも自在な位置調整機能も利用できる。

photo デスクトップPCなのに、モニターの背中に設置できるほどコンパクトです。配線もケーブル1本だけでつながるので、私でも簡単でした




HP B300 マウントブラケット

photo
  • モニター背面スタンド部分に超小型デスクトップPCを取り付け可能




和田さん 決して広い部屋に住んでいるわけではないので、モニターとキーボードを置く場所さえ確保できれば仕事ができるHP ProDesk 400DMはとても助かります。合わせて用意してくれたHP EliteDisplay 23.8インチワイドドッキングモニター E243dのスタンドにマウントブラケットを付けて、そこにHP ProDesk 400DMをセットして使っています。しかもUSBケーブル1本でモニターにつなげるだけで、電源ケーブルもいらないので、設置が楽でした。画面も広いし、パフォーマンスも会社のPCと変わりません。通勤時間がない分、生産性も上がっているのではないでしょうか。ビデオ会議もHP Thunderbolt3ドック 120Wを使って快適ですし。もうずっと在宅勤務でいいじゃないと思いますね(笑)。





ケーブル1本でPCと接続でき、USBハブにもなる便利なモニター

HP EliteDisplay 23.8インチワイドドッキングモニター E243d

photo
  • やっぱり快適、大画面23.8インチワイド。IPSパネル、フルHDの解像度で表示もクリア
  • インターフェイス充実。USB-CもVGA、HDMIもつなげる
  • USB-Cを使えば超小型デスクトップPCやノートPC、モバイルデバイスに給電しながら使える
  • カメラ搭載、ポップアップ式でスマートに収納
  • ヘッドセットやスマホの充電も出来る多数のUSBポート搭載

セキュリティ機能も充実

 HP ProDesk 400DMはビジネスPCとしての素養も優れている。それはサイバー攻撃に対する各種のセキュリティ機能だ。未知のウイルスも検出するHP Sure Senseや、不正なWebサイト閲覧によるウイルス/マルウェア感染や添付ファイルを用いた攻撃に対策できるHP Sure Clickなど、先進的なセキュリティ機能を標準搭載しており、追加投資不要でPCや大切なビジネスデータを守ることができる。情シス部門の関与が難しいテレワーク環境においては、大きな安心材料といえるだろう。

和田さん HP ProDesk 400DMはセキュリティ機能も充実していると聞きました。かといって、自分で何かをするわけではなく、PCが自動で脅威を検知して、自動で安全な状態にしてくれるということなので、個人的には「あぁ、そうなのね」と思うだけなのですが(笑)。でも安心して仕事に専念できることは確かです。

photo PCとモニターはケーブル1本、モニター同士もケーブル1本。それぞれ1本ずつのケーブルをつなぐだけの手軽さで、すぐに2画面で使えます

未知のウイルス/マルウェアも検知するHP Sure Sense

photo

 既知のウイルス/マルウェアのリスト(シグネチャ)に基づいてチェックを行う従来型のウイルス対策ソフトとは異なり、ディープラーニングAIが未知のウイルス/マルウェアの約99%を最短20ミリ秒(1ミリ秒は1000分の1秒)で検知する。Windows Defenderとの併用で、ウイルス/マルウェアからゼロデイ攻撃、ランサムウェアに対策することができる。


ウイルス/マルウェア感染をなかったことにするHP Sure Click

photo

 仮想化技術を利用してブラウザやMicrosoft Officeアプリケーションをハードウェアレベルで完全に隔離された仮想マシン内で実行するセキュリティ機能。ウイルス/マルウェアが組み込まれたサイトの閲覧や、不正なファイルのダウンロード、メールの添付ファイルを開いてしまってもPC本体やOSには影響がなく、そのページのタブやアプリケーションを閉じるだけで、ウイルスやマルウェアは自動的に削除される。

photo

快適に、安全に。テレワークを応援するHP製品

重さ1kg*1をきった、コンパクトなコンバーチブルノートPC

HP Elite Dragonfly

photo
  • 世界で最も安全*2なビジネスPC。先進のセキュリティ機能を標準装備
  • インテル® Core™ i5 プロセッサー搭載
  • Windows 10 Pro 64bit(日本語版)
  • 13.3インチワイド フルHDタッチ液晶ディスプレイ
  • メモリ8GB(8GB×1)
  • 256GB SSD
  • 高速通信LTE-Advanced対応




セキュリティ・管理性に優れ、幅広い拡張性を持つスタンダードノート

HP ProBook 650 G5/CT Notebook PC

photo
  • インテル® Core™ i5 プロセッサー搭載
  • Windows 10 Pro 64bit(日本語版)
  • 15.6インチワイドフルHDディスプレイ
  • メモリ8GB(8GB×1)
  • 256GB SSD
  • オプティカルドライブやVGAポートなど旧来の機能も搭載




世界で最も安全*2で、管理性に優れたデスクトップPC

HP EliteOne 800 G5 All-in-One/CT

photo
  • HP独自のセキュリティ・管理機能を標準搭載
  • 第9世代 インテル® Core™ i5 vPro® プロセッサー搭載
  • Windows 10 Pro 64bit(日本語版)
  • 23.8インチワイドIPS 液晶ディスプレイ(液晶一体型)
  • メモリ8GB(8GB×1)
  • 256GB SSD(M.2)
  • 無線LAN内蔵可能

※同梱されているキーボード・マウスは有線です。





目と身体に優しい高機能HP Elite Display 21.5インチ

HP EliteDisplay 21.5インチワイドIPSモニター E223

photo
  • スペースが限られる方に最適なコンパクトサイズ
  • 3方向マイクロベゼルでスタイリッシュな21.5インチモニター
  • 高さ、角度、縦回転など様々な調節機能で無理のない姿勢にアジャスト
  • ブルーライト軽減、ちらつき防止機能で目の疲れを軽減
  • 解像度:1920×1080
  • 接続ポート:DisplayPort、HDMI、VGA(ケーブル同梱)




ケーブル1本で快適な操作環境を実現

HP Thunderbolt3ドック 120W G2(本体)

photo
  • ケーブル1本でPCとさまざまな機器を接続
  • 4Kディスプレイ2台もケーブル1本で。圧倒的な作業環境を提供




HP Thunderbolt3 ドック オーディオ(オプション)

photo
  • Bang & Olufsenと共同開発した360度スピーカーでビデオ会議に活躍
  • ビデオ会議機能を標準装備(世界初)

photo

テレワーク=ノートPCという発想から自由に

 いかがだろうか。モニターと一体設置できる超小型デスクトップPCという選択は、ノートPCに満足できない社員にも快適なテレワーク環境を提供することができる。しかもHPビジネスPCは箱を開けた瞬間から、PC単体でも社内ネットワークと遜色ない高いセキュリティを確保できる。より多くの社員に新たな働き方のスタンダードを体感してもらうためにも、テレワーク=ノートPCという固定観念から自由になってみてはどうだろう。


photo

HPでは、在宅勤務など昨今の働き方をより安全な環境で行えるよう、「HP Sure Click Pro」をWindows 10を搭載するすべてのHPおよびHP以外のPCを対象として2020年9月30日まで無償で提供しています。「HP Sure Click Pro」は、ユーザーがHP Sure Click Secure Browserを使用してWebサイトを閲覧したり、電子メールや添付ファイル(Word、Excel)を実行する際に、セキュリティの脅威から保護します。また、WordとExcelの編集を隔離されたコンテナー内で実行する際にも保護します。「HP Sure Click Pro」は、Windows 10を搭載するすべてのHPおよびHP以外のPCで使用できます。

photo
photo
photo
photo

*1:重量1kg未満は、2セルバッテリを搭載した最小構成での重量です。構成により重量は異なります。

*2:第7世代以降のインテル® Core™ プロセッサー、インテル® インテグレーテッド・グラフィックス、インテル® ワイヤレス・ソリューションを搭載したHP Elite PCシリーズ。追加費用不要のHP独自の包括的なセキュリティ機能と、ハードウェア、BIOS、Microsoft System Center Configuration Managerを使用するソフトウェア管理などPCのあらゆる側面におけるHP Manageability Integration Kitの管理性を、年間販売台数が100万台以上のベンダーと比較。(2018年1月時点、日本HP調べ。)

この記事は日本HPの協力のもと、ITmedia NEWS編集部で一部編集したものです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:株式会社日本HP
アイティメディア営業企画/制作:ITmedia NEWS編集部/掲載内容有効期限:2020年7月29日