Special
» 2020年06月30日 10時00分 公開

マネージドサービスを活用し、テレワークをより安全に変えた情シス部門の挑戦

[PR/ITmedia]
PR
photo

 社会的要請が高まっているテレワーク導入だが、そのメイン機材となるPCのセキュリティ管理は実に悩ましい問題だ。社員一人ひとりが自宅でPCを使うという状況では、会社にいる時のように情報システム部門が関与したりサポートすることは事実上不可能といえる。だが外部サービスをうまく利用すれば、この課題もクリアできる。ある企業のケースをサンプルに、テレワークにおけるPCのセキュリティ管理の新たな方策を見てみよう。

テレワークにおける理想的なセキュリティ

 HPではビジネスPCに数々のセキュリティ機能を標準搭載している。PC単体でも高度なセキュリティを実現する先進的なものが揃っているが、それらがきちんと動作しているのか、ユーザーが把握することは難しい。というのも、いずれの機能も自動で脅威を検知し、自動でPCを安全な状態に回復するからだ。これはテレワーク環境においては理想的な状態といえる。

ユーザーのメリットと情シス部門のジレンマ

 特に意識せずともPCの安全は確保される。ユーザーにしてみれば、これほど心強いことはないが、情シス部門としては、いつ、誰のPCがどのような攻撃を受けていたのかを把握することは、今後のセキュリティ対策の大きなヒントとなる。正確な情報を適切なタイミングで得ることもまた重要なのだ。最近のサイバー攻撃には、OSのセキュリティ機能を停止させてからPCへの侵入を試みる悪質なものもある。そういった攻撃に対処する意味でも、セキュリティ機能のプロセスが正常に稼働しているかをモニタリングできるメリットは大きいのだ。

セキュリティ機能をサービスとして提供

 このようなニーズに応え、マネージド型サービスとしてリリースされたのが、HP Proactive Securityだ。PCと企業データを、より高度なディープラーニングAIと隔離技術による複数階層のリアルタイム保護で守り、PCやデバイスのリスクを低減する。つまり、HPビジネスPCに実装されるHP Sure SenseやHP Sure Clickといったセキュリティ機能を拡張し、さらにHP以外のWindows 10 PCにも対応したマルチベンダー対応サービスとして提供しているのだ。

未知のウイルス/マルウェアも検知するHP Sure Sense Advanced

photo

 既知のウイルス/マルウェアのリスト(シグネチャ)に基づいてチェックを行う従来型のウイルス対策ソフトとは異なり、ディープラーニングAIが未知のウイルス/マルウェアの約99%を最短20ミリ秒(1ミリ秒は1000分の1秒)で検知する。Windows Defenderとの併用で、ウイルス/マルウェアからのゼロデイ攻撃、ランサムウェアにも対処することができる。

HP Sure Sense Advancedでは無償版のHP Sure Sense の機能に加えて、キーロガーやスパイウェア、資格情報搾取等に対する行動解析、スクリプトやコードインジェクションによるファイルレス攻撃への対応を強化。中央管理機能を持つ。

ウイルス/マルウェア感染をなかったことにするHP Sure Click Advanced

photo

 仮想化技術を利用してブラウザやMicrosoft Officeアプリケーションをハードウェアレベルで完全に隔離された仮想マシン内で実行するセキュリティ機能。ウイルス/マルウェアが組み込まれたサイトの閲覧や、不正なファイルのダウンロード、メールの添付ファイルを開いてしまってもPC本体やOSには影響がなく、そのページのタブやアプリケーションを閉じるだけで、ウイルスやマルウェアは自動的に削除される。HP Sure Click Advancedでは無償版のHP Sure Clickに加えて、USBメモリ経由のファイルの隔離保護、隔離したMicrosoft Officeドキュメントを隔離したまま編集・保存する事が可能。中央管理機能、脅威分析機能を持つ。

 全社的なテレワーク開始に際してHP Proactive Securityを採用した情報システム部の手塚真生さんにその経緯を聞いた。

手塚さん テレワークの全社導入が決まったときに、社員に支給するPCの選定や手配をしたり、総務部門と連携してテレワークの制度づくりに関わったりもしたのですが、情シスとしてもっとも大きな課題となったのは、セキュリティ管理をどうするのかという問題でした。当社の情報システム部はユーザー数に対して、決して人員が多いわけではありませんから、自宅にいる社員のPCをきちんとフォローするにはどうすればいいのか検討を重ねました。その結果採用したのがHP Proactive Securityでした。

HP Proactive Securityの特長

photo
  • HP Sure SenseとHP Sure Clickのセキュリティ機能をさらに拡張し、HP以外のWindows 10 デバイスにも対応
  • 専門知識がなくてもPCの保護状態を把握できるダッシュボード「HP TechPulse」の提供
  • HPセキュリティエキスパートによるPC上のセキュリティエージェントと設定の統一管理
  • HPセキュリティエキスパートによる脅威インシデントの分析

photo

手塚さん 私たちがこのサービスを採用する決め手となったのは、PCのセキュリティが一括管理できるということでした。私たちの部門は決して大所帯ではありません。限られた人数でテレワーク中の社員のPCをすべて管理することは事実上不可能です。その点、HP Proactive Securityはダッシュボードからアクセスできる「HP TechPulse」により、社員の自宅にあるPCのセキュリティの状態を把握することができます。PCが阻止した攻撃に関する詳しい調査もHPのセキュリティエキスパートが対応してくれますので安心です。

photo 自宅に置いたPCの画面上で、テレワーク中の社員全員のPCのセキュリティの状態が把握できるので、本当に助かっています

サイバー攻撃からの最新テクノロジーによる保護

 サイバーセキュリティの専門部隊であるSoCを保持するような大手企業でなくとも、情シス部門にもユーザーにも過大な負荷をかけることなく、PCとビジネスデータを守ることができるのがHP Proactive Securityの大きなメリットなのだ。

手塚さん 社内にセキュリティ専任の担当者がいなくても、確かなセキュリティが確保できるのは非常に魅力です。先日も経理部門の同僚がなりすましメールにひっかかってしまい、うっかり添付のエクセルファイルを開いてしまったのですが、エクセルを閉じれば大丈夫と伝えて、トラブルにならずに済みました。こういったサービスが普及すれば、テレワーク導入のハードルも大きく下がるのではないでしょうか。

photo 会社から支給されたノートPCはコスパが高くいろいろな機能のバランスが良いモデルです。HP Proactive Securityのおかげでセキュリティ面も安心です

安全に、快適に。テレワークを応援するHP製品

セキュリティ・管理性に優れ、幅広い拡張性を持つスタンダードノート

HP ProBook 650 G5/CT Notebook PC

photo
  • インテル® Core™ i5 プロセッサー搭載
  • Windows 10 Pro 64bit(日本語版)
  • 15.6インチワイドフルHDディスプレイ
  • メモリ8GB(8GB×1)
  • 256GB SSD
  • オプティカルドライブやVGAポートなど旧来の機能も搭載




ケーブル1本でPCと接続でき、USBハブにもなる便利なモニター

HP EliteDisplay 23.8インチワイドドッキングモニター E243d

photo
  • やっぱり快適、大画面23.8インチワイド。IPSパネル、フルHDの解像度で表示もクリア
  • インターフェイス充実。USB-CもVGA、HDMIもつなげる
  • USB-Cを使えば超小型デスクトップPCやノートPC、モバイルデバイスに給電しながら使える
  • カメラ搭載、ポップアップ式でスマートに収納
  • ヘッドセットやスマホの充電も出来る多数のUSBポート搭載




重さ1kg*1をきった、コンパクトなコンバーチブルノートPC

HP Elite Dragonfly

photo
  • 世界で最も安全*2なビジネスPC。先進のセキュリティ機能を標準装備
  • インテル® Core™ i5 プロセッサー搭載
  • Windows 10 Pro 64bit(日本語版)
  • 13.3インチワイド フルHDタッチ液晶ディスプレイ
  • メモリ8GB(8GB×1)
  • 256GB SSD
  • 高速通信LTE-Advanced対応




ケーブル1本でPCと接続できる大画面モニター

HP EliteDisplay 27インチUSB-Cドッキングモニター E273d

photo
  • 大画面27インチワイド。原寸でA4書類を2枚分表示してもまだ余裕あり
  • インターフェイス充実。USB-CもVGAもHDMIもつなげる
  • USB-Cを使えば超小型デスクトップPCやノートPC、モバイルデバイスに最大65W給電しながら使える
  • カメラ搭載、ポップアップ式でスマートに収納
  • オプションのダイレクトマウントブラケットで超小型デスクトップPCを背負わせることも




多彩な設置方法を実現する超小型デスクトップPC

HP ProDesk 400 G5 DM/CT

photo
  • インテル® Core™ i5 プロセッサー搭載
  • Windows 10 Pro 64bit(日本語版)
  • メモリ8GB(8GB×1)
  • 256GB SSD
  • 画面出力・給電機能付 USB-Cポート
  • 無線LAN内蔵可能




目と身体に優しい高機能HP Elite Display 23.8インチ

HP EliteDisplay 23.8インチワイドIPSモニター E243

photo
  • もっとも人気のある23.8インチ。平らなモニタースタンドはスマホやペン置き場にも
  • 3方向マイクロベゼルでスタイリッシュな23.8インチモニター
  • 高さ、角度、縦回転など様々な調節機能で無理のない姿勢にアジャスト
  • ブルーライト軽減、ちらつき防止機能で目の疲れを軽減
  • 解像度:1920×1080
  • 接続ポート:DisplayPort、HDMI、VGA(ケーブル同梱)




世界で最も安全*2で、管理性に優れたデスクトップPC

HP EliteOne 800 G5 All-in-One/CT

photo
  • HP独自のセキュリティ・管理機能を標準搭載
  • 第9世代 インテル® Core™ i5 vPro® プロセッサー搭載
  • Windows 10 Pro 64bit(日本語版)
  • 23.8インチワイドIPS 液晶ディスプレイ(液晶一体型)
  • メモリ8GB(8GB×1)
  • 256GB SSD(M.2)
  • 無線LAN内蔵可能

※同梱されているキーボード・マウスは有線です。





ケーブル1本で快適な操作環境を実現

HP Thunderbolt3ドック 120W G2(本体)

photo
  • ケーブル1本でPCとさまざまな機器を接続
  • 4Kディスプレイ2台もケーブル1本で。圧倒的な作業環境を提供




HP Thunderbolt3 ドック オーディオ(オプション)

photo
  • Bang & Olufsenと共同開発した360度スピーカーでビデオ会議に活躍
  • ビデオ会議機能を標準装備(世界初)




クリアな音質でWeb会議がより快適に

HP Stereo USB Headset【7月下旬頃 販売開始予定】

photo
  • ノイズキャンセル機能搭載。自宅でのWeb会議に最適


photo

セキュリティ管理をアウトソースするという発想

 いかがだろうか。HP Proactive Securityを採用すれば、ただでさえ最先端のセキュリティ機能を備えるHPビジネスPCにさらなる安心・安全が付加される。しかも情シス部門の管理性も向上し、今後のセキュリティ強化の指針も明らかになるだろう。情シス部門の陣容が手薄な企業は採用を検討してみてはどうだろう。


photo

HPでは、在宅勤務など昨今の働き方をより安全な環境で行えるよう、「HP Sure Click Pro」をWindows 10を搭載するすべてのHPおよびHP以外のPCを対象として2020年9月30日まで無償で提供しています。「HP Sure Click Pro」は、ユーザーがHP Sure Click Secure Browserを使用してWebサイトを閲覧したり、電子メールや添付ファイル(Word、Excel)を実行する際に、セキュリティの脅威から保護します。また、WordとExcelの編集を隔離されたコンテナー内で実行する際にも保護します。「HP Sure Click Pro」は、Windows 10を搭載するすべてのHPおよびHP以外のPCで使用できます。

photo
photo
photo
photo

*1:重量1kg未満は、2セルバッテリを搭載した最小構成での重量です。構成により重量は異なります。

*2:第7世代以降のインテル® Core™ プロセッサー、インテル® インテグレーテッド・グラフィックス、インテル® ワイヤレス・ソリューションを搭載したHP Elite PCシリーズ。追加費用不要のHP独自の包括的なセキュリティ機能と、ハードウェア、BIOS、Microsoft System Center Configuration Managerを使用するソフトウェア管理などPCのあらゆる側面におけるHP Manageability Integration Kitの管理性を、年間販売台数が100万台以上のベンダーと比較。(2018年1月時点、日本HP調べ。)

この記事は日本HPの協力のもと、ITmedia NEWS編集部で一部編集したものです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:株式会社日本HP
アイティメディア営業企画/制作:ITmedia NEWS編集部/掲載内容有効期限:2020年7月29日