Special
» 2015年11月04日 10時00分 公開

自炊ユーザーに朗報!:ワンランク上の性能とはこういうことさ――“超快適”スキャナ「imageFORMULA DR-C240」を徹底検証する (3/5)

[PR/ITmedia]
PR

DR-C240のスキャン速度をテストする

 DR-C240の優位性を一通り紹介したところで、実際にスキャン速度をテストしていこう。今回サンプルとして使用したのは、本や雑誌のページに見立てた、片面3枚+両面7枚のカラーA4原稿(10枚17面)だ。解像度は自炊の標準的な設定である300dpiのほか、200/400/600dpiの計4段階で計測した。これをカラー/グレー/白黒でスキャンした速度を表にまとめている。さらにOCRをオンにした場合の値も追加した。

 なお今回測定したのは、ボタンを押してスキャナが停止するまでの時間ではなく、最終的にWindowsのエクスプローラ上にPDFファイルの保存が完了するまでのトータルのスキャン時間だ。スキャナからPCへの転送時間およびPC上での処理時間も含むことから、利用環境によって大きく変動する可能性があることはご了承いただきたい。

 ちなみに今回テストに使ったのは自作PCで、64ビット版Windows 7 Professional(SP1)、Core i7(2.8GHz)、16Gバイトメモリ、SSDという構成だ。

カラーモードと解像度の違いによるスキャン速度変化

DR-C240のスキャン速度テスト結果
色調補正なし、OCRなしの設定
解像度 白黒 グレー カラー
200dpi 16秒 16秒 26秒
300dpi 16秒 18秒 43秒
400dpi 28秒 31秒 1分34秒
600dpi 41秒 1分5秒 3分3秒
用紙サイズは「原稿のサイズに合わせる」「白紙をスキップする」「搬送時の原稿の傾きを補正する」「文字の向きに合わせて画像を回転する」を有効にした状態でテスト(以下同様)

 まずはカラーモードと解像度の違いによるスキャン速度の変化をチェックしよう。カラー300dpi(OCRなし)では10枚のスキャンを完了するまでに43秒かかったが、これがグレーになると18秒、白黒だと16秒と劇的に速くなる。解像度を上げると速度がやや落ちるが、それでも400dpiではカラーの1分34秒に対してグレー31秒、白黒28秒、600dpiだとカラー3分3秒に対してグレー1分5秒、白黒41秒と、グレーと白黒が圧倒的に速い結果となった。

 実はカラーの速度も相当速いのだが、グレーと白黒が輪をかけて速いため、あまり目立っていないことは、誤解がないように付け加えておきたい。いずれにせよ、自炊ユースではカラーよりもグレーと白黒の利用頻度が高いことを考えると、DR-C240の性能は自炊においてその真価を最大限に発揮しうる。

 ちなみに今回のテストでは、400〜600dpi時にPC側の処理待ちがかかっているケースもあるため、接続先のPCのスペックを向上させることで、所要時間はさらに短縮できると考えられる。

OCRをオンにした場合のスキャン速度変化

DR-C240のスキャン速度テスト結果
色調補正なし、OCRありの設定
解像度 白黒 グレー カラー
200dpi 16秒 18秒 27秒
300dpi 16秒 25秒 1分1秒
400dpi 30秒 39秒 2分27秒
600dpi 43秒 1分35秒 3分25秒

 それではOCRをオンにした場合はどうなるだろうか。カラー300dpiの場合、OCRなしだと43秒のところ、OCRありだと1分1秒だった。グレー300dpiだと18秒のところ25秒かかっている。

 他社製品ではOCRをオンにするだけで所要時間が2倍近くなることもあるが、DR-C240の所要時間は誤差と言っていいレベルで優秀だ。特に白黒/グレーでは数秒程度しか違いがなく、テスト中にOCRをオンにしていることを忘れてしまうほどだった。

色調補正を行った場合のスキャン速度変化

DR-C240のスキャン速度テスト結果
色調補正あり、OCRなしの設定
解像度 白黒 グレー カラー
200dpi 15秒 15秒 25秒
300dpi 16秒 17秒 38秒
400dpi 27秒 32秒 1分43秒
600dpi 40秒 1分50秒 3分5秒

 詳しくは後述するが、DR-C240のスキャン結果は色合いがやや濃く出るため、これまで他社製品の明るめの色調に慣れているユーザーにとっては、デフォルトの色調を明るくしたいケースもあると考えられる。今回、詳細設定で明るさとコントラストのデフォルト値をそれぞれ変更してスキャン時間を測定してみたが、3つのカラーモードおよび4段階の解像度いずれにおいても、有意な差は見られなかった。

 スキャナによってはデフォルトの設定を変更することで速度が極端に低下する製品もあるが、そうした問題がないのは、好みの絵作りをしたい自炊ユーザーにとって安心できるポイントだ。

グレー/白黒が爆速、OCRの影響は少ない

 以上、DR-C240のスキャン速度を一通りテストしたが、全体的な傾向としては300dpiまでかなり高速で、特にグレーと白黒の速さは個人向けのドキュメントスキャナとして最高峰と言っていい性能だった。

 カラーモードは400dpi以上、グレーモードは600dpiになると速度が低下するが、これは他社製品でも同様で、そもそも300dpiが多用される自炊ユースでは大きな弱点にはなりにくい。

 OCRおよび色調調整という、読み取り速度に影響を与えそうな2つの要因で、速度への極端な影響がみられないのも特筆できる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:キヤノンマーケティングジャパン株式会社
アイティメディア営業企画/制作:ITmedia PC USER 編集部/掲載内容有効期限:2015年12月3日

関連記事

大量の紙文書をすばやく電子化できるドキュメントスキャナは、もはやビジネスには欠かせないオフィスIT機器と言える。では、数ある製品から何を選べばいいのだろうか?

さまざまなビジネスで有用なキヤノンのドキュメントスキャナ「imageFORMULA」。どのような業種のどのような利用シーンに適しているのか、その活躍の場を見ていこう。

職場にあふれかえる紙を何とかしたい! さまざまな現場で直面する「ペーパーレス化」の悩みに、文書管理のプロがお答えします。今回は看護師編です。

職場にあふれかえる紙を何とかしたい! さまざまな業種が直面する「ペーパーレス化」の悩みに、文書管理のプロがお答えします。今回は建築士編です。

職場にあふれかえる紙を何とかしたい! さまざまな現場で直面する「ペーパーレス化」の悩みに、文書管理のプロがお答えします。今回はファイナンシャルプランナー編です。

職場にあふれかえる紙を何とかしたい! さまざまな現場で直面する「ペーパーレス化」の悩みに、文書管理のプロがお答えします。今回は教師編です。