検索
ニュース

グラフィックスカードの棚が埋まってきた! HDDとSSDはどうだ?古田雄介の週末アキバ速報(2/2 ページ)

PCパーツショップのグラフィックスカード売り場が、久方ぶりに商品で埋め尽くされるようになった。GeForce RTX 3080もRTX 3070Tiも複数の在庫が見つかる。ただし、「まだ楽観は禁物」との声も多い。

PC用表示 関連情報
Share
Tweet
LINE
Hatena
前のページへ |       

HDDも波は去った……が影響は継続中

 グラフィックスカードとは状況を異にしていた大容量HDDとSSDだが、こちらも買いの勢いは落ち着いたと方々で聞いた。あるショップは「グラフィックスカードとは別のグループがマイニングや転売目的で購入していましたが、パタッと見なくなりましたね。念のため購入制限を続けていますが、そろそろ解除してもいいかもと思っています」と話していた。

 実際、今週に入ってTSUKUMO eX.はSSDの購入制限を解除するなど、購入制限を緩和する動きが表に出ている。

TSUKUMO eX.
先週から緩和したTSUKUMO eX.のHDD/SSD購入制限

 ただし、先週触れたマレーシアにおけるロックダウンの影響はまだ表面化しておらず、今後の動きを警戒する声は大きい。TSUKUMO eX.は「今は代理店にも在庫があるものの、既に全体的な値上がりは起きていますし、楽観はできないです」という。また、パソコン工房 秋葉原BUYMORE店も「品切れになった大容量HDDは、なかなか再入荷されない状況なので、特定の目的の人には厳しい状況は普通に続いていると思います」と話していた。

購入制限POP
パソコンSHOPアークの購入制限POP
購入制限POP
同じくドスパラ秋葉原本店
購入制限POP
こちらはパソコン工房 秋葉原BUYMORE店

 別のショップは「10TB以上のNAS向けHDDは、メーカーに発注したものがキャンセルされるくらいの状況です。まだロックダウンの影響は見えませんが、回復には相当時間がかかるんじゃないかと思いますね」という。HDDマイニングという突然発生した需要が残した波紋は、グラフィックスカードとはまた違った形で広がっている様子だ。

前のページへ |       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ページトップに戻る