検索
ニュース

PS5増設需要でWD SN850が飛ぶように売れる古田雄介のアキバPick UP!(2/4 ページ)

M.2 NVMe SSDがストレージのメインストリームになる流れの中で、PS5の増設需要がそれを猛烈に後押ししているという。特に1TB/2TBのPCIe 4.0タイプの動向が熱い。

PC用表示 関連情報
Share
Tweet
LINE
Hatena

ギガバイトからもAMD X570Sマザーボードが店頭に並ぶ

 マザーボードは、ギガバイトからAMD X570チップセットを搭載するATXモデル「X570S AORUS ELITE AX」が登場している。価格は3万6000円前後だ。

X570S AORUS ELITE AX
ドスパラ秋葉原本店に入荷した「X570S AORUS ELITE AX」
X570S AORUS ELITE AX
X570S AORUS ELITE AXの基板
X570S AORUS ELITE AX
バックプレートに2.5GbE対応の有線LAN、Wi-Fi 6E対応の無線LAN、 USB 3.2 Gen 2x2対応のType-C端子などを用意する

 9月初旬に登場したMSI「MAG X570S TOMAHAWK MAX WIFI」「X570S TORPEDO MAX」と同じく、チップセット用の冷却ファンを省いた仕様になっているのが特徴だ。

 ドスパラ秋葉原本店は「チップセットファンの高音ノイズを嫌う人は一定数いますからね。きちんと冷やせるのであれば、ヒートシンクだけにして、ケースファンなどのエアフローで処理したいという人には良い選択肢かなと思います」と話していた。

 X570マザーにおける末尾“S”シリーズの売れ行きについては、「まだニッチですね。『そういうのもあるよ』くらいの存在感です」(某ショップ)といったコメントが今のところ多い。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ページトップに戻る