連載
» 2011年10月25日 08時31分 UPDATE

岡崎宏司のクルマ DE トリップ:レクサスLFAで横浜の街を走ったら? (1/2)

みなとみらい地区のホテルを拠点に横浜の街をLFAで走りました。今日の報告は「街乗りでどうだったか?」にのみ焦点を当てます。

[岡崎宏司,LUXURY TV]
LUXURY TV

著者紹介:岡崎 宏司(オカザキ コウジ)

okazaki.jpg

1940年東京生まれ。日本大学芸術学部放送学科卒業。文化的側面からクルマを斬る自動車評論家。輸入車がレアだった45年以上前に、「旅行に行くから」と言って借りた、父のノーマルのベンツでラリーに出場し、優勝したという、やんちゃな過去も。

※この記事は、LUXURY TVより転載しています。


 レクサスLFAにはすでに何度か乗っています。しかし、その場はサーキットであったり、テストコースであったり……。つまり、一般的な街乗り走行は未体験ゾーンでした。

クルマ DE トリップ 個性的なルックスです。ダイナミックであると同時に、細部に日本発ならではの繊細さも感じられます。

 今日、紹介するのは、街乗り初体験の印象報告です。どこで乗ったのかというと、横浜です。みなとみらい地区のホテルを拠点に横浜の街を走りました。試乗時間が30分と限られており、まっとうな試乗報告ができるような状態ではありませんでしたが、それでも「街を走れた」のは貴重な体験です。

 ルックスについても、パフォーマンスについても、非常に魅力的なV10エンジンのサウンドについても……。その辺りはもう語り尽くされているので、今日の報告は「街乗りでどうだったか?」にのみ焦点を当てます。

クルマ DE トリップ フロントをアップすると……迫力はそうとうなものです
クルマ DE トリップ リアも同じです。追い越されてこの後ろ姿を見せつけられたら、ちょっと抜き返す気にはなれません
       1|2 次のページへ

Copyright (c) 2014 PLOTS Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間