ニュース
» 2011年10月25日 16時22分 公開

マツダの新しいセダンのカタチ「マツダ 雄(TAKERI)」(1/2 ページ)

マツダは、東京モーターショーで新世代中型セダンのコンセプトモデル「マツダ 雄(TAKERI)」を世界初公開する。ほかにも、国内仕様のCX-5やコンセプトモデル「マツダ 靭(SHINARI)」が国内初公開。

[岡田大助,Business Media 誠]

 マツダは、12月3日から開催される第42回東京モーターショー、新世代中型セダンのコンセプトモデル「マツダ 雄(TAKERI)」を世界初公開する。同社の出品テーマは、「環境の先にある、走る歓びを〜クルマを愛する人がいる限りマツダは進化し続ける」だ。

TAKERI 「マツダ 雄(TAKERI)」(画像をクリックすると拡大します)

 雄(TAKERI)は、新デザインテーマ「魂動(こどう)」をベースに、あでやかなスタイリングを目指したという。搭載するエンジンは、クリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D」だ。さらに、アイドリングストップシステム「i-stop」のほかに、マツダでは初となる減速エネルギー回生システムも搭載する。

TAKERITAKERI
TAKERITAKERI (画像をクリックすると拡大します)
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -