ニュース
» 2012年01月20日 12時30分 公開

フォルクスワーゲン「E バグスター」を公開(1/3 ページ)

フォルクスワーゲンが、ザ・ビートルをベースとした電気自動車「E バグスター」を初公開した。

[日岐まほろ,Business Media 誠]
エキサイトイズム

エキサイトイズムとは?

「高い美意識と審美眼を持ち、本物を知った30代男性」に向けたライフスタイルのクオリティアップを提案する、インターネットメディアです。アート、デザイン、インテリアといった知的男性の好奇心、美意識に訴えるテーマを中心に情報発信しています。2002年11月スタート。

※この記事は、エキサイトイズムより転載しています。


 フォルクスワーゲンはデトロイトモーターショーにおいて、ザ・ビートルをベースとした電気自動車(EV)コンセプトモデル「E バグスター」を初公開した。

エキサイトイズム

 車名の先頭に着く「E」は、もちろん“Electric Drive”の意だ。E バグスターに与えられるパワーユニットは最高出力85キロワット(約114馬力)を発生する電気モーターと蓄電容量28.3キロワット時のリチウムイオンモーター。またブレーキ時の慣性エネルギーを電力へと変換しバッテリーへと蓄えるエネルギー回生機構も搭載する。主に市街地中心の用途で、最低でも180キロ以上の距離を航続可能だという。

エキサイトイズム

 また「バグ」は北米におけるビートルの愛称“Bug”を意味し、またこれに続く「スター」は、オープンモデルに用いられる“Roadster”に由来する。つまりE バグスターは、ザ・ビートルをベースとしたピュアEVであるばかりでなく、オープン2シーター化を含むハイセンスなスタイリングカスタムも施されているのだ。

エキサイトイズム
エキサイトイズム
       1|2|3 次のページへ

Copyright (C) 1997-2014 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business & SaaS Days

    - PR -