ニュース
» 2012年06月20日 16時00分 公開

日本初の重力を体感できる遊園地はいかが? 「有明そらスタジオ」がオープン

ちょっとユニークな遊園地が、東京の有明に誕生する。地上11メートルから飛び降りるアトラクションなど、重力を体験できるものばかり。まだ夏休みの予定が決まっていないという人に、オススメかも。

[Business Media 誠]

 そろそろ夏休みの予定を立てている人もいるだろう。しかし子どもを持つ親にとっては、悩みがあるもの。それは息子や娘を連れて行って、果たして喜んでもらえるかどうかだ。そんな悩みを抱えている人に、オススメのスポットが誕生する。

 東京の有明に新感覚の遊園地「有明そらスタジオ」(通称:そらすた)が、夏季限定でオープンする。ここは東京ドームのグランド約2倍にあたる2万5000平方メートルに建設した、日本初となる重力体験型の遊園地。4階建てのマンションの高さに相当する地上11メートルから飛び降りるアトラクションや、高さ4階建ての巨大な立体迷路など、子どもから大人まで楽しめるものばかり。

 「暑い日に1日中外で遊ぶのは、ちょっと……」という人も大丈夫。パーク内ではエアコンが設置されている型テントやミストシャワーも完備している。いや、ひょっとしたら暑さなんて吹き飛ぶかもしれない。飛び降りたり、転がり落ちたり、スリル満点のアトラクションに挑めば。

空高く張られたワイヤーを滑車で滑走する「ジップライン」(左)、ビニール製の巨大なボールに入って坂道を転がり落ちる「スペースバウンダー」(右)

 開催期間は7月14日から9月2日までで、時間は10時から18時30分まで。1DAYフリーパス(入場券+アトラクション乗り放題チケット)が大人4800円、子ども3800円。入場券のみは大人1500円、子ども1000円となっている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -