ニュース
» 2006年08月18日 17時07分 UPDATE

電通とcci、ポッドキャストと広告を自由に組み合せて配信

番組と広告のデータを分離・配信時に結合するシステムを導入。柔軟な運用を可能にすることで、ポッドキャストの広告媒体価値も高まると予想される。

[ITmedia]

 電通とサイバー・コミュニケーションズ(cci)は8月18日、ポッドキャストへ音声広告を自由に組み合わせられる音声広告配信サービスを9月1日より開始すると発表した。

 ポッドキャストは通常、1つのファイルとして配信されるためにCMの差し替えなどに対応するのは困難。両社は番組データを広告データを分離、配信時に結合させるサイオンコミュニケーションズのダウンロードコンテンツ自動結合処理サービス「AECBS」(エイブス)を利用することで、期間限定配信を行ったり、複数の広告を組み合わせて配信することを可能とした。

 電通がサイオンコミュニケーションズと共同で音声広告配信サービスのシステムを構築し、cciはインターネット広告商品開発に関するノウハウを提供するとともに、システム導入のサポートを行う。

 なお、「TBS RADIO 945kHz Podcasting954」で配信されている「JUNK」「JUNK2」「ストリーム」「デイ・キャッチ」などの人気番組において、9月限定ながらも新発表された配信システムによって広告の配信が行われる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ