ニュース
» 2006年11月27日 07時00分 UPDATE

3分LifeHacking:「紙をめくる」ユニークなツール

前回、消しゴムを使った紙めくり技を紹介した。今回は、従来の指サックに代わるユニークな「紙めくりツール」をいくつかご紹介しよう。

[kizuki,ITmedia]

 前回、プラスチック消しゴムを使った紙めくりをご紹介したが、事務用品店に足を運べば、さまざまな「紙をめくる」ためのグッズが並んでいる。今回はそれらの中から、いくつかのユニークな製品をご紹介したい。

 これまでの紙めくり用品といえば、指サックと相場が決まっていた。しかし指サックは決まったようにオレンジ色か、もしくは黄色がかったスケルトンカラーばかりで、どことなく野暮ったいイメージがあった。製造過程でゴム臭がきちんと処理されていない安価な品が出回り始めたことも、カッコ悪いと思われる要因になったように思う。

 コクヨの「メクリンキャップ」は、従来にはなかったブルー・グリーン・ピンクといったカラーを用いた指サックだ。指先には通気性をよくするホールも空けられており、使っているうちに指先が汗ばむのを防いでくれる。いわゆる事務用品っぽさがないため、オフィスユースだけでなく、オフィスの外で個人が使っていても違和感がない。

 筆者の場合、電車内で文庫本を読む際にこれを利用しており、なかなか重宝している。

st_kami01.jpg メクリンキャップのパッケージ。3個入りで、サイズはM〜Lまで3種類ある。ちなみにキャップ状でなく指輪状の製品もラインアップされている
st_kami02.jpg 通気性をよくするための穴が開いているので、汗ばむことが少ない
st_kami03.jpg 従来の指サックとの比較。サイズはかなり短め

 もう1つは、いわゆる指サックとはまったく異なる発想の、指に貼るスベリ止めシート「ペララサークル」だ。指先をケガして絆創膏を貼っていると紙がめくりづらくて困ることがよくあるが、本製品はそれとはまったく逆に、スベリ止めのシートを指先に貼り付けて使うという発想の製品である。指先に貼ったままPCの入力作業ができるなど、キャップ式にはないメリットもある。

st_kami04.jpg ペララサークルのパッケージ。1袋に40シート封入されている
st_kami05.jpg 指先に貼り付けたところ。摩擦係数を高くし、紙をめくりやすくしてくれる

 製品の性格上、1回ごとに使い捨てる形になるので、毎日これを使うというスタイルよりも、月に数日だけ集中的に伝票や書類を処理するようなスタイルで本製品を使うほうが、より効果が高いのではないいだろうか。

本日のレシピ
製品名 キャップ型紙めくり(メクリンキャップ) ペララサークル
URL http://www.kokuyo.co.jp/stationery/mk/cap.html http://www.misnon.com/products/8.html
実売価格 3個入りで252円 315円
発売元 コクヨ 丸十化成

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -