ニュース
» 2007年01月25日 10時52分 UPDATE

EXIFデータを閲覧・編集、“タグ付け”も――Microsoft「Photo Info」を使ってみた

デジカメで撮影した画像にマウスオーバーするだけで、F値やISO感度、ホワイトバランスなどを表示できる「Microsoft Photo Info」。メタデータの編集や“タグ付け”も可能だ。

[鷹木創,ITmedia]

 デジタルカメラで撮影した画像をWindows XP標準のエクスプローラで閲覧する場合、サムネイルにマウスが触れると通常、「大きさ」「写真の撮影日」「カメラのモデル」「種類」「サイズ」といったEXIF情報を表示する。例えば、先日参加したとあるイベントでの写真の場合、大きさは1600×1200ピクセル、撮影日時は2007年1月5日18時43分、カメラはパナソニックの「DMC-FZ1」、ファイルの種類はJPEG、サイズは737Kバイトであることが分かるわけだ。

st_ga01.jpg

 カメラに詳しい人であれば、知りたい情報ももう少し増えるだろう。シャッタースピード、ISO感度、ホワイトバランス、焦点距離などである。これらはEXIF情報としてデジカメで撮影した写真ファイルに収められている。もちろん、使用している画像ビューワによってはそうした情報を表示できるものもあるかもしれない。しかし、一番簡単な方法はWindows標準のエクスプローラで簡単に確認できることだ。そんな願いをかなえたのが、米Microsoftが1月22日にリリースした「Microsoft Photo Info」だ。

マウスオーバーで確認できるのは9項目

 Photo Infoは、エクスプローラのアドインのように利用できる無料のオンラインソフト。1度インストールすれば、エクスプローラ上の画像をマウスオーバーするだけで詳細情報を確認できる。対応OSは32ビット版のWindows XP SP2とWindows Vista。インタフェースは英語だが日本語の入力も可能だ。

 現時点で、JPG/TIF/WDP/HDP(HD Photo)/NEF/CR2/CRWといったファイル形式に対応する。なお、CRW形式ファイルに対応するには同じフォルダにTHM形式のファイルがあることが条件。このほかのファイル形式についても今後対応予定だという。

 マウスオーバーするだけでインストール前は表示されなかったEXIF情報を確認できる。具体的には「Dimensions(大きさ)」「Date Photo Taken(写真の撮影日)」「Camera Model(カメラのモデル)」「Type(種類)」「Size(サイズ)」といった通常の項目に加えて、「Aperture(絞り値、F値)」「Shutter Speed(シャッタースピード)」「ISO Speed(ISO感度)」「White Balance(ホワイトバランス)」「Focal Length(焦点距離)」の合計9項目を表示するようになる。

st_ga02.jpg
確認できる項目
項目 標準のエクスプローラ Photo Info
Dimensions(大きさ)
Date Photo Taken(写真の撮影日)
Camera Model(カメラのモデル)
Type(種類)
Size(サイズ)
Aperture(絞り値、F値) ×
Shutter Speed(シャッタースピード) ×
ISO Speed(ISO感度) ×
White Balance(ホワイトバランス) ×
Focal Length(焦点距離) ×

メタデータの編集では“タグ付け”も

 詳細情報の確認だけでなく、メタデータの編集もできる。Photo Infoをインストールすると、右クリックメニューに「Photo Info」という項目が追加される。この「Photo Info」から、各種メタデータを加工できるようになる。

st_ga033.jpg インストールすると、右クリックメニューに「Photo Info」という項目が
st_ga03.jpg 「Description」「Keywords」「Origin」「Advance」「Detail」と、5つのタブで分けられている。

st_ga031.jpg 「OK」や「Apply(適用)」を押さなければ「Revert(やり直し)」も可能だ
st_ga032.jpg ☆印も付けられる

 加工できる内容は、大きく「Description」「Keywords」「Origin」「Advance」「Detail」の5つのタブで分けられている。主に利用するのは、写真のタイトルや著者、説明メモなどを記入する「Description」タブだろう。Descriptionで入力したデータは、Windowsの検索にもヒットするようになる。例えば「Description」タブの「Description」で、「撮影者の名前」「日にち」「場所」など要素を抜き出して記述すれば、タグを付ける感覚で活用できるはずだ。

 タグ付けという意味では本来「Keywords」を利用すべきなのだろうが、編集部で試してみたところ、Windows XP SP2の検索機能ではKeywordsの記述は引っかからなかった。Photo Infoは、International Press Telecommunications Council(IPTC、国際新聞通信委員会)の策定したデータフォーマットに準拠しており、PicasaなどIPTCのデータフォーマットに対応したソフトであれば、Keywordsの記述でも検索できる。

st_ga034.jpg Descriptionに記入
st_ga035.jpg Windowsの検索でヒットする
st_ga036.jpg タグ付けは本来Keywordで記述する
st_ga037.jpg Keywordの記述はWindowsの検索には引っかからない
st_ga038.jpg IPTC対応のPicasaではヒット

 ちなみにPhoto InfoとIPTCでは、項目の名称が異なる部分もあるので簡単にまとめた。

Photo Info IPTC 日本語
Title Object Name 写真の名前
Author Byline 著者
Description Caption コメント
Description Writer Writer/Editor コメントを書いた人
URL Contact 連絡先

 このほか、「Description」で入力した項目から著作権表示用のテキストも生成可能だ。具体的には、「Author」欄に「ITmedia」と入力した後に、「Generate copyright notice automatically」のチェックボックスにチェックを入れれば「Copyright (c) 2007 by ITmedia. All rights reserved.」というテキストを自動生成してくれる。このテキストは当然のことながら、ファイルのプロパティに著作権として反映されることになる。

st_ga04.jpg Author欄への入力を著作権表記として自動出力
st_ga05.jpg ファイルのプロパティにも反映

 EXIFの日付データを変更したい時は、「Origin」タブをクリック。まず「Use the EXIF capture date if available」、続いて「Adjust the EXIF capture date in the file by」のボックスにチェックすれば、日付を変更できる。「location」情報を付け加える場合も「Origin」タブで「Location」「City」「Sublocation」「State/Prov」「Country」にそれぞれ入力すればいい。

st_ga06.jpg まず「Use the EXIF capture date if available」、続いて「Adjust the EXIF capture date in the file by」のボックスにチェックすれば、日付を変更できる
st_ga07.jpg 「Origin」タブで「Location」「City」「Sublocation」「State/Prov」「Country」を入力

複数写真の一括入力も可能

 と、入力の話ばかりだったが、実際のところ何百枚とある画像データを1枚1枚入力していたのではいつまでたっても終わらない。そこで大量の画像のメタデータを一度に編集したい場合は、複数選択して右クリックでPhoto Infoを起動してみよう。

 続いて、右下の「Edit as a Collection」ボタンを押すと、「Collection」モードといって複数枚のメタデータを一括登録できるようになる。Collectionモードであっても、1枚ずつ入力する「Individual」モードに右下のボタンですぐ戻れる。全体を編集しつつ、気になる写真だけを抜き出して編集することもできるわけだ。

st_ga08.jpg Collectionモード。右下のボタンを押せば1枚ずつ編集する「Individual」モードに戻れる
st_ga09.jpg 右上のゲージで編集する画像を選択


 ここまで駆け足でPhoto Infoを見てきた。EXIF情報が確認できる画像管理ソフトは多いが、編集もできるソフトは少ない。さらに、エクスプローラで違和感なく利用できる点とMicrosoft純正であることを評価したい。無料でもあるので、気になる方はチャレンジしてみるといいだろう。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -