ニュース
» 2007年01月26日 15時55分 UPDATE

デザインの変更がいつでも可能に――Sleipnir 2.5

タブブラウザの最新版「Sleipnir 2.5」では、ユーザーインタフェース(UI)、スキン、プラグインの構成をいつでも変更できるようになった。

[鷹木創,ITmedia]

 フェンリルは1月26日、タブブラウザの最新版「Sleipnir 2.5」を公開した。同社Webサイトから無料でダウンロードできる。Windows 98/98SE/Me/2000/XPに対応。また、Windows Vistaでの動作も確認したという。

st_sl01.jpg Sleipnir 2.5

 Sleipnir 2.5では、ユーザーインタフェース(UI)、スキン、プラグインの構成をいつでも変更できるデザイン変更機能を搭載した。フェンリルではUI、スキン、プラグインの構成の3点をあわせて「設計図」と定義。今回の新機能によって、各設計図をアンインストールせずに切り替えられるようになった。ただし、変更を有効にするにはSlepnir自体の再起動が必要だ。なお、スキンに関しては透過PNGにも対応している。

 Sleipnir 2.5では旧バージョンである「Sleipnir 1.66」の互換デザイン「Ancient Sleipnir Design」を追加。これまでの「Old Sleipnir Design」と「Advance」を合わせ、3つのデザインから選択できる。

st_sl02.jpg Ancient Sleipnir Design
st_sl04.jpg Old Sleipnir Design
st_sl03.jpg Advance
st_sl06.jpg デザインの変更は、[ツール]−[デザインの変更]−[デザイン]から
st_sl05.jpg 3つのうちから選択。今後はユーザーの要望に応じて随時追加していくという

 また、アドレスバーでの検索機能を初期状態から使えるようになったほか、メニューバーの「お気に入り」がアイコン(Favicon)表示に対応した。このほか、Sleipnir 2.49以前に存在するRSSバー上でフィードに埋め込まれた悪意のあるスクリプトが実行できる脆弱性も修正している。

 フェンリルではこのほか、USBメモリなどに携帯して複数環境で利用可能な「Portable Sleipnir」もSleipnir 2.5にアップデートした。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ