ニュース
» 2007年03月13日 17時04分 UPDATE

3分LifeHacking:エラーメッセージをコピペする

「エラーメッセージが出て、アプリケーションが落ちた」と相談を受けたことはないだろうか。エラーメッセージの内容が分からなければ、何ともアドバイスもできないのだが……。

[鷹木創,ITmedia]

 「意味不明なエラーメッセージが出て、アプリケーションが落ちちゃった」などと、知人から相談を受けたことはないだろうか。エラーメッセージの内容が分からなければ、何ともアドバイスできない。回答に窮してしまう相談だ。

 とはいえ、「エラーメッセージは選択できないし、コピーもできないのでは」と思っている人は少なくない。中には正確に伝えようと、デジタルカメラで撮影したエラーメッセージのスクリーンショットを送ってきてくれた知人もいた。

 実は、答えは簡単なのである。エラーメッセージをマウスで選択することはできないが、コピー自体は可能なのだ。試しに、エラーメッセージのウィンドウをアクティブにして、[Ctrl]+[C]を押してみよう。その後、テキストエディタなどにペーストすれば、以下のように表示される。

---------------------------
ショートカット エラー

---------------------------
ショートカット 'XXXXX' のリンク先ドライブまたはネットワーク接続が利用できません。ディスクがあるか、またはネットワーク リソースが利用可能かどうか確認してから、やり直してください。
---------------------------
OK
---------------------------


 上段がエラーメッセージのタイトルで、中段が内容、下段がエラーメッセージのウィンドウに表示されたボタンである。

st_er.jpg 上記のコピー元となったエラーメッセージ

 今まで相談相手に伝えにくかったエラーメッセージの内容もこれで大丈夫。メッセージの一部をGoogleなどで検索してみると、意外と簡単に答えが見つかるかもしれない。一度、試してみるといいだろう。

本日のレシピ
エラーメッセージのコピペする方法
エラーメッセージのウィンドウをアクティブにして[Ctrl]+[C]。その後、テキストエディタなどにペーストする

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -