ニュース
» 2007年09月10日 16時00分 UPDATE

1ドル以下で(テレビなしで)子供を楽しませる10の方法

家にあるもので作れ、何時間も子供を楽しませることができ、気軽に捨てられる――そんなオモチャや遊びを紹介する。

[Brad Isaac ,Lifehacker]
LifeHacker

 子供が使わないオモチャに数百ドルも出すのに嫌気がさしていないだろうか? 子供が興味を示しても、結局不愉快だと思ったり(ブラッツ人形とか)、入手困難だったり(ダンシングエルモとか)する最新のオモチャにうんざりしていないだろうか?

 恐れることはない。これから紹介する古典的なオモチャや活動はたぶん、既に家の中に転がっているもので作ることができる。さらに、何時間も子供を楽しませてくれるし、使い終わったときには、「クリスマスのボーナスをつぎ込んで買ったのに」という嫌な気分を味わわずに捨てられる。その上、調査によると、子供は店で買ったオモチャよりも、自分たちで作ったオモチャの方をずっと長い間覚えているという。

 では、1ドル以下で幼い子供を楽しませる10の方法を紹介する。

ks_lh_hobby1.jpg

1──大きなダンボール箱

 家や小さな城を作るのにうってつけだ。大きな段ボール箱が1つあれば、想像力豊かな子供を何時間でも楽しませることができる。近くにいて写真を撮ったり、ドアを何度もノックしてあげよう。

ヒント 近所の家電店を探してみるといい。たいていは大きな箱をたくさん持っていて、ゴミ箱に捨てるよりもと、快くくれるはずだ。

2──輪ゴムと鉛筆のクレイジーボット

 小学校のころを思い出すシンプルなオモチャだ。先の丸くなった鉛筆2本を持って、真ん中あたりを輪ゴムでくくる。鉛筆を互いに反対方向に縦にひねる(オモチャの飛行機のプロペラを巻くように)。これをテーブルの上に平らに置いて手を離すと、ジャンプする。輪ゴムが切れてしまわないように、きつく巻き過ぎないよう子供に注意しておくこと。切れたときに備えて予備の輪ゴムをたくさん用意しておくといい。

3──紙鉄砲を作る

 子供がバースデーケーキより好きなものは? もちろん、音だ。小学校のころを思い出す紙鉄砲の作り方を以下に示す。

ks_lh_hobby2.jpgks_lh_hobby3.jpgks_lh_hobby4.jpg

  1. コピー用紙を横長に二つ折りして、もう一度開く。
  2. 真ん中の折り目に向けて、紙の四隅を内側に折る。
  3. 四隅を折り曲げたまま、今度は縦長方向に二つ折りにする。どことなくステルス機のように見えるはずだ。
  4. とがった部分を上にして置き、右端を持って上方向に折る。底辺が真ん中の折り目と重なるように。
  5. 左側も同じようにする。
  6. 4〜5で折った部分を開いて、ステルス機の形に戻す。
  7. 4でつけた折り目のところで、右端を中に折り込む。
  8. 左側も同じようにする。ダイヤモンドのような形になる。
  9. 最後に真ん中の折り目から二つ折りにする。三角形になる。
  10. 下の部分を持って、野球のボールを投げるように振り下ろす。内側に折りたたんだ部分が「飛び出して」楽しい音が出る。
訳注:柔らかい紙(新聞紙など)を使った方が音が大きくなるようだ。ただし耐久性は下がる

4──Home Depotのキッズワークショップ

 大型ハードウェアショップのHome Depotは父親にとって素晴らしい避難所だが、毎月1回、土曜日にキッズワークショップも開いている(近所の店舗と時間をチェックしておくこと)。ワークショップでは鳥やコウモリの巣箱、ストックカー、飛行機、木の植木鉢ホルダーの作り方を学べる。父親が年をとって屋根に登れなくなったときに、子供が屋根を修理するのに必要なスキルを学べる、素晴らしい土曜の朝の活動だ。

5──何かを植える

 生物の世話の仕方を子供に教える単純な方法は、何かを植えることだ。底に穴の開いた古いプラスチックのコップを植木鉢代わりにしてもいいし、季節によっては外に植えてもいい。地面を掘るのは子供にとって楽しいことだし、土の中から小さな芽が出てきたら喜ぶだろう。子供らは突然、か弱いものの面倒を見なければならなくなる。

ヒント グリーンビーンズは一番早く成果が得られる。豆はたった2〜3日で土から頭を出し始める。

6──ウォータースプリンクラー

 芝生に水をやるときに、子供にも水をやる。夏の暑い日には、芝に30分の水やりが必要だ。子供に水着を着せて外に連れて行けば一石二鳥だ。

7──シャボン玉

 子供も大人もシャボン玉を飛ばすのが好きだ。自分でシャボン液を作るには、ティースプーン1杯分くらいの食器洗い洗剤をカップに入れて、ティースプーン3杯くらいの水を入れて混ぜる。大きなペーパークリップを伸ばして、それを曲げて小さな取っ手がついた三角形にすればシャボン枠を作れる。完ぺきなシャボンを作るためには、もう少し水か洗剤を足して調整する必要があるかもしれない。

ヒント シャボン液を小さな皿に入れると、枠にシャボン膜を張りやすくなる。

8──蛍を捕まえる

 わたしが子供のころは、蛍を捕まえて、ふたに穴を開けたマヨネーズの瓶に入れていたものだ。今の子供たちもこういうのは好きだろう。庭に木がないなら、公園に行くといい。夕暮れごろに蛍が光り出すはずだ。蛍を手のひらに止まらせて、優しく捕まえる方法を子供に教えること。蛍を瓶に集めてもいいが、死なせないように、夜が終わるころには逃がすこと(これは自然への責任と尊重を教えてくれる)。

9──紙飛行機

 とてもお手軽に楽しめる。紙飛行機の作り方と飛ばし方を教えるのは、子供時代の航行権の1つだ。折り紙への愛と、自分でオモチャを作るというLifehackerの理念を育てる。簡単な作り方を以下に示す。

  1. コピー用紙を横長に二つ折りする。
  2. 折り目が下にくるように置いて、右上の角を下の方へ折る。右側の辺が底辺と重なるように。
  3. 反対側も同じようにする。
  4. 手前側を持って、斜めの辺が底辺と重なるように下方向に折る。
  5. ひっくり返して、反対側も同じように折る。
  6. 同じことをもう一度繰り返し、斜めの辺が底辺に重なるように折る。
  7. 反対側も同じようにする。
  8. 最後に折った2つの部分を、底辺に対して外側に垂直に開く。
  9. 飛ばす。

10──ブリキ缶と糸で作った電話

 必ずしもブリキ缶を使う必要はない。プラスチックか発泡スチロールのコップと糸があれば十分だ。

ks_lh_hobby5.jpgks_lh_hobby6.jpg
ks_lh_hobby7.jpgks_lh_hobby8.jpg

  1. 画鋲かピンの先で、コップの底に穴を開ける。
  2. 糸を25フィート(7.6メートル)以上の長さに切る。
  3. 糸の片方の端をコップの穴に通す。
  4. 糸の先端に大きな結び目を作り、穴から抜けないようにする。
  5. もう一方の糸の端をもう1つのコップの穴に通し、最初のコップと同じように先端に結び目を作る。
  6. 片方のコップを子供に持たせて、糸がぴんと張るまで離れる。
  7. これで、新しい「電話」で内緒話ができる。

 このプロジェクトは振動と和声学を教え、子供に物理学を教えるいい出発点になる。

ヒント 糸電話の糸をドアの下に通したり、角に引っかけたりして話してみるといい。糸をぴんと張っていれば、声は聞こえる。

 皆さんはこの夏、どうやって子供を楽しませただろうか? 是非とも教えてほしい。

本稿筆者ブラッド・イザークはリードソフトウェアプログラマー兼ブロガー。目標設定ブログAchieve-IT!で彼の日々の動機付け戦略を読むことができる。

関連キーワード

子供 | Lifehacker


原文へのリンク

この記事は、Lifehackerの発行元である米Gawker Mediaの許可を得て、アイティメディア株式会社が翻訳したものです。翻訳責任はアイティメディアにあります。

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -