ニュース
» 2007年12月14日 22時41分 UPDATE

3分LifeHacking:メールに添付された「winmail.dat」を特定のソフトなしに開く方法

「Thunderbird」で、「winmail.dat」というファイルが添付されたメールを受信した。どうやら何かの添付ファイルのようだが、どうやって開くのか分からない――。

[鷹木創,ITmedia]
st_win01.jpg

 筆者が最近愛用しているメールソフトは「Thunderbird」。今日も順調にメールを送受信していたら、とある方からメールを受信した。そのメールには「画像を添付しておきました」とあったのだが、添付ファイルを見てみると「winmail.dat」とあった。「.dat」だって?

 ちょっと調べると、どうやらOutlookからリッチテキスト形式のメールを送信した場合や、Wordでメールを作成した場合に、リッチテキスト形式のデータをwinmail.datの中に格納するのだという。要は、Outlookユーザーがリッチテキスト形式でメールを送信した場合、Outlook以外のメールソフトで受信すると、winmail.dat形式のファイルが開けず、添付ファイルとして見えている、ということのようだ。

 Googleで検索すると、winmail.datファイルを開くソフトはいくつかあるようだ。でも、winmail.datファイルをそれほど受信するわけではないし、できればソフトのインストールは避けたい、という人もいるだろう。少なくとも筆者はそう感じた。そういう時に利用したいのがGmailである。

st_win02.jpg Gmailに転送すると、なんとwinmail.datファイルではなく、そこに格納されていたファイルがちゃんと添付されて受信できる。ファイル名が文字化けしてしまうのが難点

 winmail.datファイルを添付したメールをGmailに転送すると、なんとwinmail.datファイルではなく、そこに格納されていたファイルがちゃんと添付されて受信できる。ただ、Gmailではファイル名が文字化けしてしまうことが少々不満だ。

 実は、Yahoo!メールでも同じことができる。メールを開いた画面の表示はwinmail.datファイルなのだが、添付ファイルをダウンロードする画面に遷移すると、ちゃんと日本語での表示もしてくれる。ちなみにWindows Live Hotmailでは残念ながらwinmail.datのままだった。


st_win03.jpg Yahoo!メールでは、一瞬winmail.datのままだが……
st_win04.jpg 「スキャンして保存」を選べば、しっかり日本語のファイル名も表示する

本日のレシピ
「winmail.dat」ファイルをソフトのインストールなく開く
Gmail 開けるが文字化けする
Yahoo!メール 開けるし、文字化けしない
Windows Live Hotmail 開けない

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

あなたにオススメの記事

- PR -

新品より高品質な“中古機器”「第三者保守」のメリットと品質とは?

苦労した点は?実際に導入に携わった情シスに「リアル」な話を聞いてみた

現場の情シスはどう思うか? 生産性を高めるためのデバイス導入のポイント

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -