ニュース
» 2008年01月28日 10時54分 UPDATE

3分LifeHacking:「机が冷たくてキーボードが打てない」を解決する

寒い冬のオフィスで、キーボードを快適に使うためのグッズを紹介しよう。

[kizuki,ITmedia]

 冬場のオフィスでは、机の表面が冷たいことによって、PC作業の効率がなかなか上がらないことがある。特に始業直後の時間帯は、部屋中が冷蔵庫のように冷えていて、スチール机の天板が凍っているかのように感じることもしばしばだ。暖房で室温が上がった後も机は依然冷たいまま。ヒジから先を机に乗せてキーボードを打鍵する筆者などは、作業が一向に進まないのである。

 始業に合わせて空調が自動コントロールされているオフィスならいざ知らず、誰かが当番制でカギを開けざるを得ないような場合であれば、こうした問題は意外と深刻だったりする。とはいえ、手袋をしたままキーボードを使うというのも、ちょっとムリがある話だ。

 さて、今回紹介する「Steelpad QcK+」は、450×400ミリ(横×縦)という超巨大な布製のパッドだ。本来はマウスパッドであるが、幅がキーボードとほぼ等しいサイズということもあり、キーボードの下に敷くことによって、机の冷たさをブロックするのに役立つわけだ。

st_sq01.jpgst_sq02.jpg 製品全景(左)。写真ではサイズが分かりにくいが、450×400ミリという大判のパッドだ。右の写真はキーボードを乗せた状態。机の冷たさをブロックするにはぴったり。価格が2000円台とリーズナブルなのもポイント

 素材がウレタンということもあり、単に断熱目的だけではなく、ちょっとしたパームレストの代わりになるのもメリット。一般的なキーボード用のパームレストはそこそこ厚みがあることが多く、実際に使ってみると、手首の角度に違和感を感じてしまうことがある。その点、この製品はキーボードを上に乗せて使う形になるため、何も敷いていない場合と変わらない感覚で利用することができる。

 スチール机の冷たさをブロックするには、ビニール製のマットを敷くといった方法もあるが、机全体に敷いてしまうといざ片付けも面倒。その点、Steelpad QcK+はキーボードを中心とした限られたエリアだけをカバーするので、夏場など未使用時には手軽に片付けておける。寒い冬場、机の冷たさのせいで作業効率が低下していると感じる人は、こうした製品を利用してみてはいかがだろう。

本日のレシピ
製品名 実売価格 販売元
Steelpad QcK+ 2331円 ShopU

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ