ニュース
» 2008年04月22日 18時30分 UPDATE

3分LifeHacking:「ケータイ持ってくるの忘れた!」をなくす充電バスケット

外出時に身につけるモノを忘れないように1カ所にまとめておくのは基本中の基本。今回は、ケータイやiPodなどもまとめて置ける、充電バスケットを紹介しよう。

[kizuki,ITmedia]

 外出時に身につけるモノをうっかり忘れないためには、1カ所にまとめて置いておくのが効果的だ。玄関または部屋の扉の付近にトレイやバスケットを置き、そこにカギや財布などをまとめて置いておけば、部屋のどこに置いたか探し回る手間もなく、確実に身につけた状態で外出することができる。

st_cb01.jpg 製品本体。ホワイトのほかブラックもラインアップ。素材は樹脂なので、軽いのが難と言えば難

 しかし、ケータイや音楽プレーヤーなど、充電が必要なデジタルガジェットの場合、次に出掛けるまでの間に充電しておく必要があるため、カギや財布とまとめて置いておくというのは現実的ではない。その結果、カギや財布はしっかり身に付けたのに、ケータイをうっかり忘れて外出してしまうといった事態がひんぱんに起こり得る。

 今回紹介する「Charger Basket」は、充電ケーブルを通すためのスリットが付いたトレイだ。ケータイや音楽プレーヤー用の充電ケーブルをスリットに通し、このトレイの上でそれらのガジェットを充電できるようにしておけば、カギや財布を含め、外出時に身につけるためのモノをこのトレイの上でまとめて管理できる。カギや財布は持ったけど、ケータイを忘れた! というミスを防止できるというわけだ。

 しばらく使ってみたが、ケータイやiPodなど、ポケットに入るサイズのデジタルガジェット2台に加え、財布、キーホルダー、定期入れなどをまとめて置けるので、快適かつ便利だ。ティッシュボックスをひと回り小さくした程度のサイズなので、機器が増えると少々手狭に感じるが、すべてを1カ所に置くことで持ち出し忘れを防げるというメリットは計り知れない。

st_cb02.jpg 横から見たところ。ナナメになった台の底に、充電ケーブルを通すためのスリットが設けられている
st_cb03.jpg iPod、ケータイ、キーホルダーを置いたところ。機器によってはやや狭く感じるが、充電が必要な機器も1カ所にまとめて置けるのはありがたい
st_cb04.jpg ケーブルは底面から外に出す構造になっている

 色はiPodによく似合うホワイトとブラックの2種類。忘れ物が多い人が自分用に購入するのはもちろん、よく忘れ物をする友人にプレゼントするにもよさそうだ。

製品名 実売価格 発売元 販売元
Charger Basket 3675円 LEXON AssistOn

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ