ニュース
» 2008年06月04日 18時09分 UPDATE

フェンリルがSleipnirとGraniの最新バージョン 脆弱性を修正

フェンリルは、Webブラウザの最新バージョン「Grani 3.2」と、「Sleipnir2.7.2」の配布を開始した。安定性や動作速度が向上し、セキュリティの脆弱性も修正した。

[杉本吏,ITmedia]

 フェンリルは6月4日、同社が公開するWebブラウザの最新バージョン「Grani 3.2」と、「Sleipnir2.7.2」の配布を開始した。安定性や動作速度が向上し、セキュリティの脆弱性も修正した。

ts_fenrir2.jpgts_fenrir.jpg Grani 3.2のスクリーンショット(左)と、新スキン「Kantele」デザインのSleipnir 2.7.2

 Graniは今回のバージョンアップで、起動時のファイルアクセス数を削減し、画像のキャッシュを実装したことなどにより、動作速度が高速化した。また、GraniとSleipnirには、お気に入り検索したときの検索結果ページを履歴から開いた際に、任意のスクリプトが実行される脆弱性があったが、この問題を修正した。

 同時に、梅雨をイメージしたSleipnir用スキン「Kantele」も公開している。Kanteleは、フェンリルの公式ブログ上で実施したデザインアンケートにより、ユーザーの意見を取り入れて制作した。

関連キーワード

ブラウザ | Sleipnir | 脆弱性 | セキュリティ


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ