レビュー
» 2008年06月13日 19時55分 UPDATE

Lifehacker Top10:Firefox3の新機能 Top10 (1/2)

間もなく正式リリースされるFirefox3。その数々の新機能から、特に注目したい10のポイントを紹介する。(Lifehacker)

[Kevin Purdy,Lifehacker]
LifeHacker

 僕らが一番好きなオープンソースWebブラウザの最新版、Firefox 3。このブラウザは、数十の新機能と修正を施されているが、ほんの一握りの機能だけでも、毎日のブラウジングを劇的に変えてしまうだろう。

 α版とβ版から17カ月後、Mozillaはフル機能の最終出荷候補版(RC版)の提供を開始した。そう、いまこそ“グランパラディーゾ山=Firefox 3のコードネーム”を比類なき者にする重要な新機能の数々にスポットライトを当てるときだ。

 バックボタンからブックマーク、アドレスバー、アドオン、パスワード、パフォーマンス改善まで、Firefox 3のほとんどすべては、Mozillaの技術者によって見直されている。そして6月に予定されている正式版リリースに向けて、これらの変更点はFirefox 3をアップグレードする価値のあるものにしている。

 Firefox 3の10の大きなアップグレードと、これらがどのようにWebブラウジングを改善するのかを見ていこう。

注:Firefox 3は正式にはまだリリースされていない。パブリックプレビューリリースはテスターだけに公開されている。プレビュー版は非常に安定してはいるが、Mozillaのチームが正式版公開の準備をしている間、バグや不安定さをいとわない人だけ使ってほしい。

10位 高性能になったアドオンマネージャー

ks_li1.jpg

 Firefoxがパワーユーザーにとって特別なブラウザになっている大きな要素が、Extensionやアドオン、プラグイン、テーマなど拡張性の高さだ。そしてFirefox 3のアドオンダイアログは注目するだけの価値がある。

 アドオンメニューは少なくとも2つの点で、より堅固で直感的になった。ポップアップボックスから拡張機能やテーマを見つけてインストールでき、ブラウジングする必要はなくなった。新しいプラグインマネージャー(英語)は、FlashQuickTimeのようなサードパーティー製ヘルパーを有効にしたり、無効にしたりできる。コンテンツを有効にするほかのヘルパー(悩みの原因となる)も同様だ。

9位 全体としてより直感的になったインタフェース

ks_li2.jpg

 Mozillaは、Firefox 3のいたるところで、たくさんの細かな点を調整し、更新した。これらは結局、ユーザービリティの大きな底上げになった。ブラウザを切り替えて最初に最も注意を引くのは、戻るページがあるときだけアドレスバーに表示されるバックボタンだ。これは大きく、クリックしやすい。

 小さな文字のサイトを、恒常的により読みやすくしたいと思っているユーザーは幸運だ。Firefox 3は読みにくいサイトで、画像とテキスト、またはテキストのサイズを大きくできる。それに加えてユーザーインタフェースの改善をいくつか挙げると、Firefox 3はあらゆる場所でファビコンをブックマークに当てはめることができる。サイトのファビコンをクリックして、広範なサイトの識別情報を得ることができる。3単語以上を入れられるように検索ボックスのサイズを変更できるし、ページ内検索ボックスでは現在選択している単語を自動的に取得してくれる。

 長い目で見れば、ひとたびWebアプリが発展すると、Firefox 3は素晴らしい腕前を発揮するだろう。特定のファイルタイプに、お気に入りのWebアプリケーションが開くよう設定したり、ネットにつながっていないとしても、オンライン上のデータにアクセスできたり。これに味をしめたら、メールのリンクからGmailが起動するようにFirefoxをどうやって設定するか(英語)調べてみよう。

8位 強固になったフィッシング詐欺とマルウェアへの防御

 Firefox 3はマルウェアフィッシングサイト、cookie、そしてプライバシーやセキュリティを危険にさらすツールへのフィルターと防御機能を強化した。悪意あるソフトウェアをインストールするサイトを訪れると、マルウェア警告が表示され、標準設定では不審なサイトのコンテンツを表示しない(例えば「アカウントをアップデートしてください」と表示するPayPalのフィッシング詐欺サイト)。そしてFirefox 3はGoogleの増え続けるフィッシング詐欺サイトのブラックリストをチェックしている。いまや、テクノロジーに詳しくない親せきをFirefox 3に乗り換えさせるのも安心だ。

7位 ダウンロードマネージャーの改善

ks_li4.jpg

 ファイルをどこからダウンロードしたのか、どこにダウンロードしたのか分からなくなることはもうない。 “グランパラディーゾ山=Firefox 3のコードネーム”のダウンロードマネージャーは、最近のファイルから検索し、クラッシュやリスタート後のダウンロードを再開してくれる。そしてステータスバーに転送状況を表示してチェックし続けられるようにしてくれる。

6位 各システムに合わせた外見

ks_li5.jpg

 ブラウザはPCの重要な一部だ。ブラウザがシステム上のほかのソフトと違う外見をしていたら、ひどくイライラするかもしれない。Firefoxのデザイナーは、このリリースでシステムへの統合にプライオリティを置いた。これは、Windows XPのVista間でさえ、ボタンレイアウトのカラーや影が微妙に違っていることを示している。 もっと深いレベルでも違いがあり、OS Xのアドオンマネージャにはカバーフロータイプのスタイルを採用し、VistaとOS Xでは重要な部分を透明にするなど、ブラウザをシステムの自然な拡張機能のように見せる調整が加えられている。

       1|2 次のページへ

この記事は、Lifehackerの発行元である米Gawker Mediaの許可を得て、アイティメディア株式会社が翻訳したものです。翻訳責任はアイティメディアにあります。

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -