ニュース
» 2008年08月12日 19時27分 UPDATE

週末に後ろ髪引かれ――最も眠れないのは「日曜の夜」

暑く寝苦しい夜が続く。ナイトミルクPR事務局によると、眠れない時の対策の1位は読書で、次いでネット、飲酒となった。また、最も眠れない曜日は日曜日が1位で、2位以下を大きく突き放した。調査は2008年7月、20〜50代の男女400人を対象に行った。

[豊島美幸,ITmedia]

 「眠りに関する意識調査」によると、眠れないことがあるか、という質問に対し、「ある」と回答した人が70%近くに上った。原因は、上位から「暑さ」(76.9%)、「ストレス」(56.0%)、「不規則な生活」(30.7%)となっている。調査は、夜に搾乳した牛乳、ナイトミルクを啓発するナイトミルクPR事務局が、2008年7月に行った。調査対象は20〜50代の男女400人。

mt_nemurenai.jpg 眠れないことがあるか 出典:ナイトミルクPR事務局

mt_genin.jpg 眠れない原因 出典:ナイトミルクPR事務局

読書にネット、アルコール――間違いだらけの対策

 眠れない時の対策では、1位の「本を読む」と2位の「PC/携帯に向かう(メールチェック等)」がそれぞれ32.1%と30.0%で、僅差となった。眠れない原因として2割近くの人が「ITストレス(PCの使いすぎ)」と回答しているにもかかわらず、「PC/携帯に向かう(メールチェック等)」が眠れない時の対策に挙がっている。

 3位は「アルコールを飲む」で26.7%。4位と5位が「TVを見る」「音楽を聴く」と続いた。

mt_taisaku.jpg 眠れない時の対策 出典:ナイトミルクPR事務局

 調査を分析した快眠セラピストの三橋美穂氏によれば、上位を占める回答はいずれも「間違った対策」。PCやTV、携帯などは光の刺激が眠りを妨害する。メールの文字入力は脳を覚醒させる。アルコールは中途覚醒を促し、眠りの質を低下させるからだという。

 三橋氏は、コンビニの登場やインターネットの発達で24時間眠らない現代は、これまでにないストレスに対処しきれない人が増加しているため、眠る時は心身をリラックスさせることが大事だと述べる。

眠れない曜日は、圧倒的に「日曜日」

 また、眠りにくいと感じる曜日には、43.3%の人が「日曜日」と回答。18.1%の人が「月曜日」と答えた2位に大きく水を空けた。ナイトミルクPR事務局では、週の始まりは、翌日の仕事が気になって眠れなくなる人が増えると推測する。

 一方、眠りにくいという回答が少なかったのが「木曜日」(5.1%)。次の日が金曜日だと安心して眠れるということかもしれない。

mt_youbi.jpg 眠りにくい曜日 出典:ナイトミルクPR事務局

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ