ニュース
» 2008年10月14日 16時22分 UPDATE

OpenOffice.org 3.0正式版リリースも、公式サイトは一時ダウン

OpenOffice.orgは、オープンソースのオフィススイート「OpenOffice.org 3.0」正式版を公開した。しかし、公式サイトは一時ダウン。OpenOffice.orgは「これまでにない需要が集中したため」とコメントしている。

[杉本吏,ITmedia]

 OpenOffice.orgは10月13日、オープンソースのオフィススイート「OpenOffice.org 3.0」正式版を公開した。日本語版の対応OSはWindows、Linuxで、英語版やスウェーデン語版ではSolaris、Mac OS Xでも利用できる。

ts_oo1.jpg ワープロソフト「Writer」には、文書中に付せんメモを張れるノート機能などを新搭載

 しかし、10月14日15時現在、「OpenOffice.org 3.0の公開に伴って発生したこれまでにない需要のため」本来の公式サイトにはアクセスできず、仮のWebページが用意されている。

 そのため、新バージョンの詳細を公式サイトでは確認できない状態だ。OpenOffice.orgでは、「現在技術チームが問題の解決策を考えているところだ」としている。

ts_oo2.jpg 15時頃までは仮のページにアクセスできたが、16時現在では仮ページすら表示できない状態のようだ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ