ニュース
» 2008年12月15日 19時00分 UPDATE

3分LifeHacking:無料サービスで30秒で――年賀状のデザインを決定する

今年も残すところ2週間。「そろそろ年賀状の用意をしなければ……」と考えている人も多いことだろう。無料で年賀状データを作成して、オフィスや自宅のプリンタで印刷できるWebサービスとアプリを紹介しよう。

[杉本吏,ITmedia]

 今年も残すところ2週間。「そろそろ年賀状の用意をしなければ……」と考えている人も多いことだろう。無料で年賀状データを作成して、オフィスや自宅のプリンタで印刷できるWebサービスとアプリを紹介しよう。

とにかく簡単、30秒でできる「年賀状コンシェルジュ」

 日本郵政が「郵政年賀.jp」で公開中しているWebサービスが、「年賀状コンシェルジュ」だ。7つの簡単な質問に答えるだけで、目的に合った年賀状のデザインをおすすめしてもらえる。さくさく質問に答えれば、30秒でデザインを決定できるのだ。

ts_y5.jpgts_y6.jpg

 はじめに「年齢」「性別」「好きな色合い」を選ぶ。画面の指示に従って次へ進むと、「年賀状をどなたに贈りますか? ビジネス・プライベート」「縦組み・横組み どちらがよろしいですか?」などの質問が出てくるので、用意された答えをクリックして質問に答えていく。

 最後の質問に答え終わると、5つのおすすめデザインが表示される。デザインはJPG形式でダウンロードが可能だ。

1000以上のデザインから選べる「年賀状デザインキット」

 年賀状コンシェルジュには、テキストの書き込みや宛名面の作成機能はない。もう少し時間をかけてもいいから、凝ったデザインで宛名面も作成したいという人には、Adobe AIRのアプリがおすすめだ。

 「年賀状デザインキット」は、年賀状コンシェルジュと同じく郵政年賀.jpが公開しているアプリ。Windows 2000/XP/Vista、Mac OS Xなどに対応する。

ts_y1.jpgts_y2.jpg

 選べるデザイン素材は1000種類以上。「謹賀新年」「HAPPY NEW YEAR」などのあいさつ文や、「ビジネス」「プライベート」などのシーン別に、テンプレートを検索できる。スタンプ機能やフリーハンドでのテキスト書き込み、デザインテンプレートの透明度設定など、無料アプリながら機能も充実している。

 宛名面の作成では、CSV形式の住所録ファイルの読み込みに対応。インターネットに接続していれば、郵便番号から住所情報を検索するなどの機能も利用できる。

CSVによる住所録インポートだけで十分なら「プリントマジック」

 多くのデザインテンプレートの中から選べるというのは魅力的だが、「そんなにたくさんあっても選びきれない」という人もいるだろう。そんな人にはDayzの「プリントマジック」。こちらも、デスクトップで利用するAdobe AIRアプリだ。

ts_y3.jpgts_y4.jpg

 ほかのアプリなどで作成したCSV形式のアドレスデータを、インポートして使用できる。差出人、住所録、素材選択など基本的な機能は備えており、フォントはオンライン経由で10種類以上の中から選択可能。オンラインヘルプなどはなく、シンプルで直感的に使えるインタフェースとなっている。


 作成したデータは、オフィスや自宅のプリンタで印刷しよう。広告入りの無料年賀はがき「tipoca」などを使えば、コストは印刷にかかる実費のみで済む。「年賀状はPCできれいに作りたいけれど、コストも低く抑えたい」と思っている人は、あわせて利用してみてはいかがだろう。

本日のレシピ
Webサービス/アプリ名 特徴 提供元 価格
年賀状コンシェルジュ 質問に答えるだけでおすすめデザインを選んでくれるWebサービス 日本郵政 無料
年賀状デザインキット 1000以上の素材からデザインを作成できるAdobe AIRアプリ
プリントマジック 基本的な機能を備えたシンプルなAdobe AIRアプリ Dayz

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -