ニュース
» 2009年01月13日 19時35分 UPDATE

仕事耕具:「パスワードで印刷制限」を10万円で――リコーのA4カラーレーザー複合機

リコーは、SOHOや小規模オフィス向けのA4カラーレーザー複合機「IPSiO SP C301SF」とA4カラーレーザープリンタ「IPSiO SP C310」を発売する。C301SFはカラープリンタ/カラーコピー/(PC)ファクス/カラースキャナの4機能を搭載し、実勢価格は10万円前後の見込み。

[杉本吏,ITmedia]

 リコーは、SOHOや小規模オフィス向けのA4カラーレーザー複合機「IPSiO SP C301SF」とA4カラーレーザープリンタ「IPSiO SP C310」を2月2日に発売する。C301SFはオープン価格で実勢価格は10万円前後、C310は12万9150円。対応OSはWindows 2000/XP/Vista、Windows Server 2003/2008、Mac OS X 10.2.8以降で、C301SFのPCファクス機能はWindows OSのみで利用できる。

ts_ip2.jpg A4カラーレーザー複合機「IPSiO SP C301SF」。実勢価格10万円前後とコストパフォーマンスを重視したという

 IPSiO SP C301SFは、A4対応のカラーレーザー複合機。カラープリンタ/カラーコピー/ファクス/カラースキャナの4機能を搭載しながら、実勢価格は10万円前後と「コストパフォーマンスを重視したモデル」(リコー)だという。

 従来機種のC221SFと比べ、セキュリティ機能とファクス機能を強化した。操作パネルでパスワードを入力しなければ印刷できない「機密印刷機能」を搭載し、共有プリンタとして使用する場合の情報漏えいを防ぐという。コピー/スキャナ/ファクス機能も、操作パネルと管理パスワードで、使用者ごとに利用できる機能を制限できる。

 PCから直接相手先のファクスに送信できる「PCファクス機能」も搭載し、ファクス送信のためのプリントアウトは不要だ。「紙やトナーの消費を抑えて、コスト削減と作業効率を向上できる」としている。

 印刷速度はカラー、モノクロともに毎分20枚(A4タテ送り時)で、ファーストプリントタイムは14秒以下。給紙量は給紙トレイに250枚、手差しトレイに1枚。インタフェースとしてUSB2.0を備え、イーサネット(10BASE-TX/10BASE-T)によるネットワーク接続にも対応する。サイズは420×493×476ミリ(幅×奥行き×高さ)、重さは約30キロ。

ts_ip1.jpg A4カラーレーザープリンタ「IPSiO SP C310」。印刷速度はカラー毎分25枚

 IPSiO SP C310は、A4対応のカラーレーザープリンタ。印刷速度はカラー、モノクロともに毎分25枚で、下位機種にあたるC220(カラー、モノクロ毎分16枚)と比べ速度を向上した。ファーストプリントタイムは13.5秒以下。給紙量は給紙トレイに500枚、手差しトレイに100枚。

 インタフェースとしてUSB2.0を備え、イーサネット(10BASE-TX/10BASE-T)によるネットワーク接続に対応する。サイズは400×480×387ミリ、重さは約28キロ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ