連載
» 2009年02月15日 13時52分 UPDATE

シゴトハッカーズ:Macに移行した直後にやったこと【チュートリアル編】 (1/2)

PCからMacへスイッチした佐々木さん。Windowsと似た環境を作る上で便利だったソフトウェアを紹介しましょう。

[大橋悦夫、佐々木正悟,ITmedia]

クリップボード拡張

 クリップボード拡張ソフトは、Windows時代には「eClip」という履歴をテキストファイルに保存できて、履歴を検索できるソフトを使っていました。探してみたところ、ほぼ同じ事ができるソフトとして、このソフトに行き着きました。

日本語変換

 ATOKはやはり必須ツールでした。初めはインストールせず、標準の「ことえり」でどこまでいけるかがんばっていたのですが、どうしてもムリでした。「きょう」「あした」「あさって」「きんようび」などからの日付変換や、見慣れたパレットからの漢字検索などは、ないと立ち往生してしまいます。

エディタ

 実はずっと、Evernoteをエディタ代わりにしていて、それでほとんど不足はなかったのですが、そうはいっても文字数チェックや検索・置換などが、手軽にできるものが欲しいということで、時々使っています。

ファイル検索

 こちらもやはり便利です。とくに、Evernoteのデータもこちらから検索できてしまうということを、最近知りました。素晴らしいです。Windows時代に[Ctrl]×2で呼び出せたように、Macでも[Command]×2で呼び出せます。

画面キャプチャ

 画面キャプチャソフトは、Windows時代よりもずっと高性能のものを使うことになりました。正直、画面キャプチャソフトはフレーム内が簡単にキャプチャできればいいと思って、Googleで検索して最初に見つかったものを利用しただけなのですが、望むとおりのことが、直感的にすぐできる、すごいソフトに巡り会えました。ラッキーでした。

Webブラウザ

 こちらは乗り換えていないのと同様なので、説明は省略します。Windows時代と全く同じように使えています。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ