ニュース
» 2013年12月10日 16時30分 UPDATE

サイボウズ、業務アプリ「kintone」の価格を刷新――安価版は月額780円

2014年4月から、現在は月額880円で利用できるkintoneを、月額780円のLight版とAPIが利用できる月額1500円のStandard版の2プラン展開とする。

[上口翔子,Business Media 誠]

 サイボウズは、業務用アプリを手軽に開発できる「kintone」の価格プランを2014年4月に刷新する。現行の月額880円プランを廃止、4月からはkintoneの基本機能を使えるLight版(月額780円)、APIを利用した高度なカスタマイズができるStandard版(1500円)の2プランから選べる。

 kintoneは、サイボウズのクラウド基盤「cybozu.com」上で提供しているサービスで、アンケートや売上集計、問い合わせ管理、日報、タスク管理といったビジネスパーソンの業務を効率化するWebアプリケーションを、数分で構築できる。収集したデータを基にグラフ付リポートを作成したり全文検索したりできるデータベース機能、複数スタッフで作業を進める際に処理状況やアクションを設定できる機能などを標準で備えている。この他、APIを利用してオリジナル機能を構築することも可能だ。

shk_kintone01.jpg

 Light版とStandard版の主な違いは、APIやJavaScriptを使ったカスタマイズの有無のみとなる。

shk_kintone02.jpg サイボウズ青野慶久社長

 今回の価格刷新についてサイボウズの青野慶久社長は「kintoneを有料契約している1000社のうち、約9割はExcelからの乗り換えでkintoneの基本機能のみを使っている。APIを利用し、カスタマイズを行っているユーザーはまだ少ない。今回2プランに分けることで、kintoneの基本機能を使う既存ユーザーには安価で使い続けてもらい、新規にStandard版を使う層に向けてはSIerと協力してよりオリジナリティのある機能の追加や連携製品の展開をしていきたい」と狙いを話す。

 kintoneはリリースから約2年が経過した。今後はLight版でさらなるユーザー数を増やし、かつパートナー企業と協力しながら、徐々にStandard版のユーザー数を伸ばしていく方針だ。「まだまだ基本機能のみを使っているユーザーが多いが、kintoneの機能強化とともに、もっとカスタマイズしたいというニーズが増えてくるとみている。プランを分けたことで、より幅広いユーザーニーズに応えていきたい」(青野社長)

shk_kintone03.jpg トランザクションを見ると、カスタマイズを使うユーザーが徐々に増えているという

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ